SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットイヤーグループ、小さなPDCAから着手するMA活用支援サービスを提供

 ネットイヤーグループは、マーケティングオートメーション(以下、MA)を活用し、顧客とのエンゲージメントを最大化するためのサービス「MAサクセスサポート」の提供を開始した。

 多くの企業がMAを利用したデジタルマーケティングを実践している一方、多様なデータを連携し、シナリオやコンテンツを制作する総合的な運用には専門的な知識が求められ、MAを十分に活用できていないケースが散見される。

 同サービスでは、はじめに「MAヘルスチェック」によって現状を把握する。マーケティングシナリオの成果や保有データの状況、運用体制などを調査し、課題や今後注力すべき点を洗い出す。

 その上で、ステップ別のPDCAを実践。まず、既存シナリオの効果検証と改善施策を短期間で行う「スモールPDCA」により、改善効果とPDCAの回し方を実感する。その後、マーケティングの全体戦略やプランニング、カスタマージャーニーなどを見直し、より大きなPDCAサイクルを回していく。

 なお、同サービスは、PDCAサイクルが定着するまでMAコンサルタントが伴走することで、PDCAサイクルの定着・自走化を実現できる。また、社内のノウハウ蓄積やスキルアップにもつながる。

【関連記事】
NTTデータ、ネットイヤーグループの株式を公開買付け デジタルマーケティングにおけるプレゼンス向上へ
ネットイヤーグループとNTTデータ、オムニチャネル戦略実現に向けた支援で協業
ネットイヤーグループとVeeva Japan、ライフサイエンス業界のデジタルマーケティング支援を強化
ネットイヤーグループ、コニカミノルタビジネスソリューションズと提携~リアル×デジタルのサービス提供へ
ネットイヤーグループ、カスタマージャーニーマップを簡単に作成できる「UX Recipe」提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/18 08:30 https://markezine.jp/article/detail/30644

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング