SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IAS、デジタルキャンペーン最適化ソリューションを提供 有効なインプレッションのみを算出対象に

 Integral Ad Scienceは、デジタルキャンペーン最適化の新ソリューション「オンライン コンバージョン リフト」を正式にリリースした。

 同社が1月に発表した業界調査レポート「Industry Pulse」によると、デジタル広告に携わる人の75%以上が「キャンペーン露出をROIと紐づけて評価することが2019年の最大の課題である」と回答している。

 同ソリューションは、不正インプレッションやビューアビリティ基準を満たしていないインプレッションを排除した「有効なインプレッション」のみを対象に、最もコンバージョンに貢献しているタイムインビュー(蓄積閲覧時間)と露出回数を算出。また、消費者にリーチできたか否かだけでなく、コンバージョンに至ったか否かまでを計測できる。さらに、同ソリューションで算出した指標との差を、メディアチャンネルごとに比較することも可能だ。

 これにより、広告主はキャンペーンを深いレベルで戦略的に分析し、メディアプランの最適化に取り組める。

【関連記事】
朝日新聞社、IASとの協業で新たな広告メニューを提供へ 不正インプレッションなどを除外
fluct、第三者配信プラットフォームにIASのソリューションを導入 アドベリへの対応を強化
IAS、2018年上半期のアドフラウド&ブランドセーフティに関する調査レポートを発表!
講談社、IASとグループエムのデジタル広告ビューアビリティ基準に参画 現代ビジネスなど9媒体で対応
アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング