SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

事例紹介ページのCVRを最大化するUI・UXとは?WACUL Lab.が研究レポートを発表

 WACULの社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ(WACUL Lab.)」は、BtoB SaaSサービスを提供する企業における、「事例紹介ページのCVRを最大化するUI/UX」に関する調査を実施。調査結果をまとめた研究レポート「SaaSを扱うBtoBサイトにおける事例紹介ページの改善策の提言」を発表した。

主な調査結果は以下の通り。

・事例コンテンツは12件を超えるとCVRが急速に高まるため、最低12件の事例紹介を掲載すべき
・30件を超えると、1件追加あたりのCVR改善率は低減するため、30件以上の掲載はコストとの見合いで判断すべき
・事例紹介から近い位置に資料請求導線を設置すべき
・ユーザーが業界別やニーズ別に、自社に類似した事例を探せるUIを取り入れるべき

【関連記事】
ディノス・セシールCECOの石川氏ら3名が「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」の顧問に就任
AIが購買・リード獲得につながるコンテンツを制作!WACUL、「AIライター」の一般提供を開始
AIを活用したマーケティング支援を行うWACULがリコーと協業 中小企業のデジタル変革支援を加速へ
WACULの「AIアナリスト」に新機能 Web広告で獲得した資料請求などの受注率が分析可能に
SEOで狙うべき検索キーワードを自動で提案!WACUL、「AIアナリスト」に新機能搭載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング