SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、データソリューションサービス「DATA FOREST」の体験・共創拠点を開設へ

 ヤフーは、10月からの提供を予定しているデータソリューションサービス「DATA FOREST」の提供開始に先立ち、サービスの体験・共創拠点「DATA FOREST LAB」を、5月29日に開設する。

 「DATA FOREST」は、企業や自治体が持つデータと同社のビッグデータを掛け合わせて分析を行い、そこから導き出されるインサイトを提供することで、企業や自治体の事業の創造や成長を支援するもの。

 「DATA FOREST LAB」において、企業や自治体の担当者は、「DATA FOREST」で提供予定/開発中の機能の一部を、無料で利用できる。また、データ活用のセミナー開催や同社のデータアナリストによる支援、企業や自治体が情報交換を行う仕組みなども提供される。

 「DATA FOREST LAB」の開設時には、10月から提供予定の「DATA FOREST INSIGHT People」の一部を利用できる。利用者は、特定のキーワードと一緒に検索されているキーワードや、特定のキーワードを検索しているユーザー群の行動特性などを、ランキングや規模の推移といった形式で閲覧可能。これにより、生活者の潜在ニーズやトレンドといったインサイトを可視化し、事業活動に役立てられる。

 同社は、利用者からのフィードバックや機能の利用状況などを踏まえ、「DATA FOREST」の機能改善や新機能の創出につなげていく。

【関連記事】
ヤフー、保有するビッグデータを活用した実証実験を開始 ユーザーへの便益創出&企業の課題解決へ
オプトの「Feed Terminal」、ヤフーの「動的ディスプレイ広告」とデータ連携を開始
ヤフー、「動的ディスプレイ広告」を提供開始 行動履歴からクリエイティブを自動生成&タイムリーに配信
ヤフー、企業データと自社のビッグデータを掛け合わせたソリューションサービスを10月から開始
福岡ソフトバンクホークスとヤフー、オープン戦チケットをAI活用のダイナミックプライシングで販売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/10 08:30 https://markezine.jp/article/detail/30824

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング