SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シンカー、Webサイト改善サービス「CACICAβ版」提供 AIがアクセスログを分析し課題を可視化

 シンカーは、Webサイトの改善点を発見するAIコンサルタントサービス「CACICA(カシカ)β版」の提供を開始した。

 AIを活用した様々なマーケティングテクノロジーツールがリリースされている一方、導入をしても「施策までつなげられない」「ほとんど使われずに費用のみ発生している」「社内に対応できる人材がいない」など、成果につなげられていない状況が見受けられる。同社はこうした課題に対応するため、同サービスをリリースした。

 同サービスは、タグの設置によって導入可能。AIがアクセスログを分析し、Webサイトの改善点を可視化する。

 具体的には、アクセスログに機械学習を組み合わせることで、Webサイト上の行動に共通した特徴を持つ複数の顧客クラスターを自動で分類。また、各顧客クラスターの代表的なサイト内カスタマージャーニーを可視化できる。さらに、CVしたユーザーとCVしなかったユーザーを比較し、Webサイト上の課題となるコンテンツを発見する。

  なお、同社は今後、同サービスにヒートマップ機能やクロスデバイス機能、位置情報を利用した分析機能などを追加する予定だ。

【関連記事】
効率的なサイト改善でCVRを向上!「Sprocket」にヒートマップ分析機能が追加
ヤマト運輸、ブレインパッドのDMP「Rtoaster」を導入 サイト改善でサービス申込件数は5倍に
サイト改善ツール「SPARK」にパーソナライズ機能が追加 行動履歴に応じたシナリオ設定可能に
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
パソナとWACUL、Webマーケティング支援で協業~AIによるサイト改善案を実行までサポート可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング