SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応 海外在住・旅行中の日本人による視聴を想定

 AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が全世界からの視聴に対応した。

 「AbemaTV」では、海外で暮らす日本人や旅行中の方に「AbemaTV」の番組を届けることを目的に、2019年2月25日より在留邦人数が多いアメリカ、オーストラリア、タイ、カナダ、イギリス、ブラジルの6ヵ国にて試験的に視聴対応を開始。今回、対象国を全世界へと拡大するとともに、Webブラウザからの視聴にも対応し、全世界で日本国内と同様に、無料で「AbemaTV」の一部のチャンネルやコンテンツを、インターフェイスや機能はそのままで見ることができるようになった。

 2月から放送を開始していた「海外版AbemaNewsチャンネル」では、『AbemaMorning』『けやきヒルズ』などのオリジナルニュース番組に加え、平日夜の看板番組『AbemaPrime』が新たに海外視聴に対応。また、「将棋チャンネル」でのオリジナル対局番組、「麻雀チャンネル」でのプロ麻雀リーグ「Mリーグ」の試合中継、「釣りチャンネル」の釣り番組の放送など、趣味を楽しめる様々なコンテンツを放送予定だ。

【関連記事】
ドワンゴとAbemaTVがパートナーシップ締結 AbemaTVの番組をニコニコ生放送などへ配信
「AbemaTV」が電通・博報堂DYMPの「動画広告配信サービス」と接続を開始 広告収益の拡大へ
4Kテレビ「ビエラ」のリモコンにAbemaTVのボタンが搭載!ワンプッシュで視聴可能に
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化
安倍晋三総理大臣と石破茂元幹事長が生出演 「AbemaTV」で自民党総裁選を特集!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング