MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Speee、マーケターの意思決定を支援するサービス「PAAM」においてArmのCDPを活用

2019/04/23 15:00

 Speeeは、英国のArmとデータマネジメント分野における協業を強化すると発表した。

 Armが提供する「Arm Treasure Data eCDP」は、オンライン広告配信やマーケティング、CRMなどの領域において、顧客のデジタル上の行動ログデータや属性データなどを統合するプラットフォーム。パーソナライズを軸とした顧客ロイヤルティの向上や、デジタルによるビジネス変革を可能にする。

 同社は、2019年4月4日より、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」を提供している。PAAMは、データインテグレート手法と予測分析技術を用いて、データドリブンなマーケティングの環境構築と実行をサポートするものだ。

 今回同社は、Armとのパートナーシップ強化にともない、「PAAM」での「Arm Treasure Data CDP」の活用も強化した。これにより、データの蓄積・統合だけでなく、その後の利活用のための連携もスムーズに行うことが可能になる。

 今後も同社は、様々な企業とのパートナー契約やシステム連携を通じ、PAAMでの付加価値向上を進めていく。

【関連記事】
Speee、データ統合と予測分析技術を活用したマーケ支援サービス「PAAM」を提供
Speeeがインティメート・マージャーと提携 ブランディング広告に有効なターゲティングが可能に
Speee、マーケティングデータを一元管理できるプラットフォーム「Markeship」リリース
Ruby開発者まつもとゆきひろ氏、元クックパッド技術部長の井原正博氏がSpeee顧問に就任
米DataRobot、英Armとの協業を開始 両社のデータ連携で企業のAI活用を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5