SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトナル、Spotify向け音声広告の制作&配信サービスを開始

 オトナルは、同社が展開するプロアナウンサーの音声を使ったコンテンツ制作サービス「クラウドスタジオ」を活用し、世界2.1億人のユーザー数を誇る定額音声サービス「Spotify(スポティファイ)」向け音声広告の制作、運用を行うサービスを5月20日より開始する。

 同サービスは、ユーザーあたり1日平均2時間以上利用という高いエンゲージメントを誇るSpotifyフリープランの広告枠への広告配信が可能で、モバイル、デスクトップをはじめ多様なデバイスを通じて生活のあらゆるシーンにアプローチができるというもの。

 音声広告では、聴者の想像力を掻き立てる広告クリエイティブ作成が必要不可欠である。クラウドスタジオでは、プロのアナウンサーによるクオリティの高い音声を使用し、商材や訴求内容に合わせて、企画プランニング、コンテンツ制作、配信・運営までをワンストップで提供する。

 またスマートフォンアプリで配信した音声広告は、クロスデバイスアトリビューションの仕組みにより、コンバージョンの取得が可能だ。これにより、これまで効果成果の見えにくかった音声広告でも効果検証を行うことができるようになる。

【関連記事】
電通、プレミアム音声広告配信を開始 Spotifyやradikoなどが配信先に
音声感情解析AIのEmpathにスプツニ子!氏がアーティストとして就任 AIの倫理的課題を広く発信
リコー、オフィス機器サービスにAlexa for Business採用 コピーやスキャナーを音声操作
博報堂DYMPが「音声ニュースサービス」の実証実験を開始 新しいコミュニティの形成を目指す
XTech、エキサイトと協業しRadiotalk株式会社を設立 音声配信プラットフォーム事業に参入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/17 14:06 https://markezine.jp/article/detail/31072

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング