MarkeZine(マーケジン)

記事種別

データセクション、広告のコピー文を自動生成するシステムを開発 LIFULLのサービスで運用開始

2019/05/29 13:30

 データセクションは、AIによる広告コピー文自動生成システムを開発。第一号案件として、LIFULLが運営するサービスに同システムを導入し、物件情報に関する広告コピー文生成を開始した。

AIによる広告コピー文自動生成システムの活用イメージ
AIによる広告コピー文自動生成システムの活用イメージ

 同システムでは、LIFULLの不動産物件情報から、駅からの徒歩分数や築年数、間取り、バストイレの有無などを抽出し、その物件に関するタグを組み合わせて情報を作成。それを基に、広告コピー文自動生成エンジンが複数のコピーを自動生成する仕組みだ。

 これによりLIFULLは、情報の登録・更新にかかる時間と費用を削減するとともに、担当者による品質のばらつきを解消できる。

 また同システムは、タグの作り込みによって業界や掲載先メディアに応じた訴求点を端的に表現することが可能。AIにページ閲覧数や成約数の高いコピーを継続学習させることで、より訴求力の高い文章を生成できるほか、入力情報の類似性が高い場合には、毎回同じ文章が生成されないようカスタマイズする機能もある。さらに、NGワードなどのルールに沿って生成文を制御することも可能なため、誇大広告や虚偽記載といったリスクの軽減にも役立つ。

  データセクションは今後、同システムを、求人広告や旅行広告、小売り・スーパーマーケットのチラシ広告に導入するとともに、リアルタイムに文章を自動生成する必要があるスポーツの試合速報や金融マーケット情報にも展開していく。

【関連記事】
電通グループ、クリエイティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発 バナー自動生成ツールで運用開始
スプラシア、CM動画を自動生成するサービス「CM STUDIO」を提供 マーケットプレイス機能も併設
AI Lab、東京工業大学 岡崎教授と「広告キャッチコピーの分析・自動生成」に関する共同研究を開始
カクテルメイク、動画広告の自動生成ツール「RICHKA」で広告代理店向けのパッケージを開始
ヤフー、「動的ディスプレイ広告」を提供開始 行動履歴からクリエイティブを自動生成&タイムリーに配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5