SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヒートマップツール「USERDIVE」と「KARTE」が連携 データ分析~サイト改善をワンストップ化

 UNCOVER TRUTHが提供するヒートマップツール「USERDIVE」と、プレイドのCXプラットフォーム「KARTE」が連携を開始した。これにより、顧客セグメントデータの分析からWebサイト改善施策の実行までをワンストップで提供する体制が強化された。

「USERDIVE」と「KARTE」の連携イメージ
「USERDIVE」と「KARTE」の連携イメージ

 具体的には、「KARTE」で管理する顧客セグメントデータを分析し、顧客の態度変容を生むページを把握した上で、そのページ内のユーザー行動を「USERDIVE」で可視化・分析することができる。また、分析によって態度変容を生むコンテンツを特定し、態度変容が見込める顧客群を対象に「KARTE」でコミュニケーションを最適化することも可能だ。

 企業は、コンバージョンに貢献するコンテンツを検討度合いの高いユーザー群に見せることによって、少ないクリック数でコンバージョンに誘導できる。また、NPSで取得したスコアに基づくセグメントにより、対象をロイヤルカスタマーに絞って、コンバージョンに貢献するコンテンツを見せることも可能。さらに、会員属性セグメントにより、特定デモグラフィックデータや会員ランクごとのコンテンツへの関心度を分析し、プロモーションの企画立案につなげることもできる。

【関連記事】
事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入 来訪ユーザーに向けたパーソナライズを推進
KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合・精度の高いパーソナライズを実現
UI/UX解析ツール「USERDIVE」、データアーティストのLPOツールと連携
メンバーズ、UNCOVER TRUTHと提携〜UI/UX 解析ツールをWeb運用サービスに採用
UI/UX解析ツール提供するUNCOVER TRUTH、プロダクト強化目的に約4億円の資金調達を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング