SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEリサーチ、日常の行動を記録する「行動ログ調査」を提供開始 リアルな生活実態・購買行動を把握

 LINEは、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の新メニューとして、日常の行動や経験を記録できる「行動ログ調査」の提供を開始した。

 「LINEリサーチ」は、同社が保有する482万人のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム。「行動ログ調査」では、「LINEリサーチ」が保有するLINEアンケートモニターの中から事前にスクリーニングした回答対象者に対し、「LINEアンケート」のLINE公式アカウント上に1ステップで回答可能なリッチメニューを配置。チャットでのやりとりやSNSでの写真投稿などを日常的に行っているユーザーにとって、より手軽にストレスなく回答できるインターフェースを実現することで、ユーザーにアクションのたびに回答させることができ、よりリアルな実態に近い調査データを取得することが可能となる。

 「行動ログ調査」では、ユーザーが行動・感情を回答する際の位置情報を利用することも可能なため、ユーザーの1日における行動の流れや特定箇所の訪問前後の行動なども把握することができる。いつ、どこで、どのような気持ちでどんな行動したのかの一連の流れを把握することで、ペルソナ構築やサービス・商品の利用実態把握、改善など様々なケースに活かすことが可能になる。

 また、生活者の体験や行動の背景にある「感情」についても、LINEの「絵文字」を活用することで、ユーザーは言語化しづらい感情も絵文字で直感的に回答することができる。LINEリサーチが以前実施した「絵文字に関する基礎調査」の「絵文字」と「感情ワード」の分布データを参考に、感情の変化や流れを分析することも可能だ。

【関連記事】
LINEリサーチ、新メニュー「ジオターゲティング調査」を開始 位置情報により地点を指定した配信が可能
LINEリサーチ、イベント参加者へのリアルタイムアンケートの提供を開始 公式アカウント連動も可能
LINEリサーチ、新メニュー「生活圏パネル」を提供 自宅や勤務地などを基にした配信が可能に
LINEリサーチ、新機能「ターゲット オプション」を発表 職種・学生区分・飲酒などの属性指定が可能に
「LINEリサーチ」内に外食チェーン対象の新メニュー 二次元コードを活用したアンケートが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/08/09 07:30 https://markezine.jp/article/detail/31747

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング