MarkeZine(マーケジン)

記事種別

雑誌広告の注目率・精読率はどのくらい? ビデオリサーチ、日本雑誌協会らと効果測定調査を実施

2019/08/19 16:00

 ビデオリサーチは、日本雑誌協会、日本雑誌広告協会に協力し、2019年2月~4月に「雑誌広告効果測定調査」を実施した。

 同調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備・蓄積すること、また、得られた結果を雑誌広告の効果検証やプランニングに活用していくことを目的とし、各出版社からの雑誌エントリーと、広告会社、およびビデオリサーチの出資による共同調査として実施しているもの。6回目となる今回は、前回に引き続き春発売号にて、21社33誌、計12ジャンル、合計622素材の広告を対象に調査が行われた。主な結果トピックスは、以下の通り。

雑誌広告の「注目率」平均は46.4%、「精読率」の平均は31.6%

 雑誌閲読者のうち、掲載された広告に「注目」した(確かに見た)人の割合を示す「広告注目率」は、33誌622素材平均で46.4%となった。また閲読者のうち、広告を「確かに見」て、「内容まで読んだ/じっくり見た」人の割合を示す「広告精読率」の平均は31.6%となった。

第2回~第6回における主要指標平均値
第2回~第6回における主要指標平均値

興味関心・購入意向では、「記事広告・タイアップ広告」が「純広告」を上回る

 広告種類別に主要指標のスコアを見ると、「広告接触率」「広告注目率」では純広告が記事広告・タイアップ広告と比べて高い一方、「興味関心度」「購入・利用意向度」では、記事広告・タイアップ広告が純広告を上回る結果となった。

広告種類別 主要指標平均値
広告種類別 主要指標平均値

 【調査概要】

【関連記事】
ファッション高感度層、65%が読む媒体を固めず都度気になった雑誌を読む傾向【楽天モバイル調査】
森永製菓が小学館と「社会人一年生」創刊、全ページ公開 「inゼリー」が付く雑誌版とデジタル版を展開
雑誌広告の効果とは?ビデオリサーチが日本雑誌協会、日本雑誌広告協会と共同で38誌を対象に調査
雑誌からWebへの完全移行から約4ヵ月、小学館の「マネーポストWEB」が月間1,000万PV突破
THECOO、宝島社と提携 雑誌の公式Instagram×マイクロインフルエンサーでタイアップ投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5