SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AppsFlyer、人ベースで端末・チャネル横断のユーザージャーニーを可視化できる新機能をリリース

 AppsFlyer Japanは複数端末やプラットフォーム、およびチャネルを横断した「人」ベースでの包括的分析を可能にした「ピープル ベースド アトリビューション(以下、PBA)」をベータ版でリリースした。

 「PBA」では、AppsFlyerが抱える世界84億以上のデバイスのデータベースを基軸とし、“端末a”ベースでの計測にとどまらず、端末aと端末bを所有し、ウェブ、スマートフォン、ひいては店舗等、それぞれの接点において異なる時間に異なる行動を示す“人物A”としての消費者行動を時系列で追うことが可能になり、より詳細な獲得経路が明らかとなる。

 これにより、それぞれの顧客と各接点において無駄のない適切なコミュニケーション、パーソナライズされた高品質なサービスの提供と高い顧客満足度を実現し、、顧客のLTV向上が可能になるという。

【関連記事】
AppsFlyer、広告代理店への総合的なサポートを拡充するプログラム「ASPP」をローンチ 
Facebookが1位を維持 AppsFlyer、モバイル広告業界に関する最新レポートを発表
世界市場のアプリインストール広告費、2020年には約641億ドルまでに成長【AppsFlyer調査】
「KARTE for App」と「AppsFlyer」がデータ連携へ 広告接触データの活用が可能に
テレビCMの出稿情報を一覧化し効果測定 エム・データ、インテージと「全国CMマスタ」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング