SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CINC、Twitterのデータ調査・分析ツール「Keywordmap for SNS」を提供

 CINCは、ソーシャルメディアマーケティングの調査・分析・プラニングツール「Keywordmap for SNS」の提供を開始した。

 同サービスは、同社のデータ収集および処理技術を用いてTwitter上のデータを収集し、特定のキーワードやハッシュタグに関連するデータを短時間で集計、分析することが可能。顧客の声や動向を多角的に分析することができる。

 主な機能には、Twitter上の対象キーワードを含むツイートを様々な形で集計することができる「キーワード分析」、ユーザーの属性を項目ごとに集計して表示する「デモグラフィック分析」、指定したキーワードと共に使用されている掛け合わせワードを表示する「ワードマップ」などがある。

デモグラフィック分析のイメージ
デモグラフィック分析のイメージ

 また、同社の感情分析AIによって、ツイートの背景にあるユーザーの感情を表示する「感情分析」や、検索条件で見つかったアカウントが興味・関心をもっているアカウント(インフルエンサー)を特定する「ターゲティング」なども利用可能だ。

 これにより企業は、商品やサービスに対する消費者の反応を分析するとともに、潜在顧客のインサイトやニーズを把握することができる。さらに、コンテンツマーケティングの精度向上やインフルエンサーの抽出にも活用可能だ。

【関連記事】
CINC、6つの感情を日本語のテキストから判定するAIを開発 「中立」の気持ちも判定可能
テテマーチ、Twitter APIを利用したコミュニケーションキャンペーンツール「boite」を提供
アプリ滞在時間、LINEとTwitterは毎月14時間前後、インスタは7時間弱【App Ape調査】
データセクション、ソーシャルリスニングツールにTwitterの競合アカウントを分析する新機能を追加
ユニークビジョン、TwitterのQRコードを活用した「O2Oソリューション」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/10/03 11:30 https://markezine.jp/article/detail/32137

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング