SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

プロから学ぶアウンコンサルティングの実践SEM講座

第1回 SEMを正しく理解する

はじめまして。今回より「プロから学ぶアウンコンサルティングの実践SEM講座 」と、いささか仰々しいタイトルを銘打って、全12回にわたりSEMについての連載を始めていきます。第1回目の今回は、SEMについておさらいをしていきたいと思います。

SEMとは?

 ここで、オーバーチュアのキーワードアドバイスツールをたたいてみよう。キーワードアドバイスツールは、ある一部の検索エンジンで、月に何回キーワードが検索されたかを教えてくれるツールです(※厳密には検索数そのものではないが、正確な説明は次回以降に譲ります)。上から、「SEM」で18,440件、「SEO SEM」で2,802件、「SEM 原理」で678件…、人は検索エンジンにさまざまなキーワードを入力するもので、これ以降も、ずらっとさまざまな単語の組み合わせが続きます。

 これらのキーワード群から「SEM」が何かを調べるために、ヒントになりそうなキーワードをピックアップしてみましょう。すると、「ネットショップ SEM」「eコマース SEM」「インターネット SEM」「インターネット 通販SEM」「オンライン 通販 SEM」という、「インターネットの販促」に関係した内容のグループと、「SEM 顕微鏡」「SEM 分析」「SEM 電子顕微鏡」「波長 SEM」「SEM 電子顕微鏡」といった「基礎研究系」のグループが存在することがわかります。

 そこで、単独の「SEM」(18,440件)という単語を除き、キーワードアドバイスツールで出てくる全てのフレーズ群を、「インターネットの販促」「基礎研究系」「その他」という3つのグループに大まかに分類したものが、下図です。

  インターネットの販促 基礎研究系 その他 合計
検索数 8,030 2,511 2,315 12,856
割合 62.5% 19.5% 18.%

 この図を簡単に説明すると、「SEM」に関する検索を行うユーザーのうち、約6割がインターネットの販促をイメージし、約2割が「顕微鏡」などというキーワードに象徴される基礎研究系の事柄を想起していることになります。つまり、いささか乱暴な推測ですが、2006年9月に単独の「SEM」というキーワードは18,440回検索され、このうちの6割程度はインターネットの販促をイメージした検索、2割程度は(ここでいう)基礎研究系のイメージをもった検索だったと言えるのではないでしょうか?

 ずいぶん前置きが長くなりました。もちろん、この連載がテーマとする「SEM」は「インターネットの販促」に関するトピックです。そして具体的に言うと、「SEM」とは、ちょうど上で見たように検索数の割合などをヒントにしながら、検索エンジンユーザーの動向を推理/把握して、検索エンジンを販促ツールとして活用しよう、という営みを言います。「『SEM』(Search Engine Marketing)とは検索エンジンによるマーケティング手法である」というトートロジーめいた説明があまり好きではないので、あえて遠回りをしてSEMを説明してみました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
SEO、P4P、クリエイティブ・コントロール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
プロから学ぶアウンコンサルティングの実践SEM講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梅澤 俊雄(ウメザワ トシオ)

2004年東大法卒。2005年アウンコンサルティング入社。検索エンジンマーケティング(SEM)コンサルタントとしてクライアント支援に尽力。その後、業界別市場予測レポート等、各種レポーティングや執筆に従事。英・仏・露・羅語等を駆使し、各国のネット 動向へアンテナを広げる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/11/15 13:00 https://markezine.jp/article/detail/322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング