SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

飲み物を広告媒体に変えるリップルズ、売上や顧客満足度を向上させるビッグデータを活用したサービスを展開

 ドリンク上にメディアを展開するRipples(リップルズ)は、ベブトップ・メディア(ドリンク上のメディア)というコンセプトと、関連するビッグデータ活用サービスを発表した。

 同社は表面の泡が白いまま提供されるドリンクを、ネイキッド(何も着ていない)・ドリンクと命名し、ドレスアップしていくことによって新しいコミュニケーションやブランディングの機会を創造できるとしている。

 デジタル画面をのぞき込んでいる生活者と企業がコミュニケーションをとることは難しいが、リップルズによると来店客の目の前にメッセージの印字されたドリンクを置くことで注意をひくことができる。さらに、来店客は携帯カメラでドリンクを撮影して、SNS上で拡散してくれるという。

 ベブトップ・メディアはリップルメーカーというIoT機器によって作られ、インクはコーヒー抽出物やモルト抽出物といった天然由来成分となっている。リップルメーカーには、リップルズ・クリエイティブチームによって常に新しいコンテンツが搭載されると同時に、ユーザーはオリジナルコンテンツをアップロードすることもできる。

 上記ベブトップ・メディアのコンセプトに加え、リップルズは新しくビッグデータ解析のサービス提供を一部の顧客に対して開始する。このサービスによりリップルズを利用するブランドは、ドリンク上のどのようなコンテンツがSNSでどれくらい拡散されたかを把握できるようになる。さらに消費の現場において、どのようなコンテンツが売上アップにつながるかを提案することが可能になるという。

【関連記事】
JR東日本の駅で自販機サブスクリプションサービスが開始へ 一部飲料を1日1本月額980円で提供
家事代行のカジー、ローソン店舗内のIoTキーボックス「Keycafe Smartbox」で鍵受け渡し
IoTで訪日外国人来店者を可視化してプロモーション効果分析 TRAVEL INSIGHTSがリリース
ファミマとパナソニック、IoT活用の実証実験店舗をオープン 顔認証決済やデータ利用を検証へ
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング