SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天インサイト、インテグラル アド サイエンスと連携し「R-アドベリフィケーション・インサイト」提供

 楽天インサイトはインテグラル アド サイエンス(以下、IAS)が提供するソリューションと連携し、オンライン広告の精緻な効果測定を行うサービス「R-アドベリフィケーション・インサイト」の提供を開始した。

 同サービスでは、IASが提供する様々な計測指標により適切にオンライン広告に接触したと判断された閲覧者のうち、「楽天インサイト」に登録しているモニターに対し、アンケート調査を実施。アンケートでは、クライアント企業や商品、サービスに対する認知および購買意欲が広告閲覧前後でどのように変化したかを調査する。

 従来は、ブランド毀損のおそれがあるサイトに広告が掲載された場合や、掲載サイト上でのビューアビリティが低い場合でも、アンケートモニター自身の申告次第で、広告に接触したとみなされ、調査対象として抽出されてしまうことがあり、調査結果の正確性の担保が課題とされてきた。今回のサービス提供により、従来の調査より正確かつ精緻な調査報告が可能となり、効率的なマーケティング活動が実現できる。

 なお、IASが取得した広告閲覧データと「楽天インサイト」に登録しているモニター情報の連携は、同社の規程に従って行われるほか、モニター個人の情報は「楽天インサイト」内のみで管理され、外部企業への提供は行われない。

【関連記事】
アドビの「Audience Marketplace」に楽天インサイトやビデオリサーチなど4社が参画
楽天インサイト、楽天IDを活用した調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始
楽天インサイト、インフルエンサーの意見を直接活用できる調査サービスをリリース
電通、IAS、Momentumなどと「アドベリフィケーション推進協議会」を設立 研究データを提供
電通、IASとMomentumのサービスを電通PMPで無償提供 広告価値の毀損を最小化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/10/28 13:30 https://markezine.jp/article/detail/32273

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング