MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルサイネージ広告、2019年の市場規模は749億円に/タクシーサイネージが急増【CCI調査】

2019/11/26 07:15

 CCI(サイバー・コミュニケーションズ)は、デジタルインファクトと共同で、デジタルサイネージ広告市場に関する調査を実施した。

デジタルサイネージ広告市場規模、2023年には1,248億円に

 2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は、749億円(前年比113%)となる見通しだ。また2023年には、2019年比1. 7倍の1,248億円になると予測されている。

デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測 2018~2023年

デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測 2018~2023年

2019年の市場規模は794億円 セグメント別では「交通」が最も多く、6割を占める

 2019年のデジタルサイネージ広告市場規模のうち、交通機関は480億円で全体の64.1%、商業施設・店舗は98億円で全体の13.1%、屋外は87億円で全体の11.6%、その他(エレベーター、大規模マンション、映画館など)は84億円で全体の11.2%を占めると推測された。

2019年セグメント別デジタルサイネージ広告市場規模推計
2019年セグメント別デジタルサイネージ広告市場規模推計

タクシーサイネージの需要が急増

 2016年以降、タクシー事業者と広告事業者との事業連携が進み、首都圏を中心に急速な普及が見られた。法人向けサービスを提供する広告主からの高い支持を受け需要が急増し、2019年の市場規模は24億円と推計、2020年には48億円と予測された。また、2023年には2019年比約3倍の75億円規模に達すると予測されている。

【調査概要】
・調査主体:CCI
・調査実施機関:デジタルインファクト
・調査対象:デジタルサイネージ広告関連事業者
・調査時期:2019年8月~10月
・調査手法:CCIならびに、デジタルインファクトが保有するデータ、公開データ、デジタルサイネージ広告事業に関わる企業へのインタビュー調査
・同調査では、デジタルサイネージ広告を、交通機関/商業施設・店舗/屋外(OOH)/その他の4つに分類し、2019年の市場規模の推計と2023年までの予測を行った
・市場規模は、広告主によるデジタルサイネージ(上で表示される)広告媒体に対する年間支出総額とする。一部、商取引上媒体費と制作費が不可分とされているものを除き、媒体費のみを対象とする。

【関連記事】
スマホでの動画視聴は5年間で4倍に/50~60代のスマホ利用率も急上昇【ニールセン デジタル調査】
YouTube視聴者の7割が「広告なし有料プラン」を認知、女性より男性が利用【ジャストシステム調査】
ネット広告のコンテンツ環境管理、7割の消費者が「広告主の責任」と回答【IAS調査】
インフルエンサー投稿で化粧品を知る消費者は9%、4割がオンライン記事の影響受ける【Teads調査】
ライブコマース動画の視聴者のうち、5割が「商品を購入した」と回答【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5