SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

山手線車内を筋トレ空間に!JR東日本、電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」試験公開

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とJR東日本スポーツは、「移動空間を成長空間に変える」をコンセプトに、山手線車内で利用できる電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を試験公開した。

 同アプリはジオフェンシングの仕組みを活用。ジオフェンシングとは、ビーコンやGPSなどで取得できる位置情報を活用し、ユーザーが仮想上のフェンスに囲まれた領域へ出入りしたことを判定し、コンテンツを配信する仕組みだ。

 同アプリでは山手線車内に設置済みのJビーコン(Bluetooth信号の発信機)などを利用し、山手線新型車両とスマートフォンが通信することで、電車内でのみ体験できるトレーニングの提供を可能にした。

「‘TRAIN’ing」の利用イメージ

「‘TRAIN’ing」の利用イメージ

 同アプリでは「体を鍛えたい」「リラックスしたい」といった顧客の目的や、乗車時間、乗車位置、混雑度状況に応じて、車内でできる座席・つり革・手すりなどを使ったパーソナルトレーニングプログラムを音声ガイダンスで案内する。

 なお、同アプリのダウンロード期間は2019年12月26日まで。試験実施期間は2020年3月12日までの予定だ。

【関連記事】
JR東日本エリアの駅で自販機サブスクリプションサービスが開始へ 一部飲料を1日1本月額980円で提供
JR東日本とANA、MaaS領域で連携 検索・予約・決済などで協力しシームレスな移動体験を提供へ
JR東日本リテールネット、「NewDays」のキャッシュレス・無人店舗をJR武蔵境駅にオープン
JR西日本と地域SNSアプリの「PIAZZA」が連携 鉄道沿線にデジタルプラットフォームを構築へ
JR東日本企画、ソネット・メディア・ネットワークスと連携しデジタルチケットプラットフォームを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング