SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNS営業自動化ツールを提供するチャットブック、総額1億円の資金調達を実施

 SNS営業自動化の「ChatBook」を提供するチャットブックは、マネックスベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、VOYAGE VENTURES、East Venturesなどから総額約1億円の第三者割当増資を実施した。

(写真左から)チャットブック HONG Eugene氏、Yang Fei氏(共同創業者)、小島舞子氏(代表取締役・創業者)、SAITO Daniel氏
(写真左から)チャットブック HONG Eugene氏、Yang Fei氏(共同創業者)、小島舞子氏(代表取締役・創業者)、SAITO Daniel氏

 ChatBookは、SNS経由の見込み顧客を「勝手に連れてくる」顧客獲得システム。カスタマーサポートだけに特化したチャットボットと異なり、国内外のCRMツールと連携しており、SNSから流入したリードを自動的に精査・管理することができる。これまでIT、人材、広告など様々な法人の顧客獲得を効率化し、支援してきた。

 同社は今回の調達資金により、これまで集めた100万件以上の営業データを活用したセールス・レコメンド・エンジンの開発、チャットによるタイミングやインターバルを考慮した顧客確度判定機能の精査、各種CRMとの連携開発などを加速させていく。

 加えて、ユーザーとともに新しいビジネス環境を築くため、カスタマーサクセスコミュニティーの構築、同社主催イベントの定例化、ChatBookのブランド認知度を高めるための販促活動などの施策に力を入れていく予定だ。

【関連記事】
チャットブック、法人営業の自動化プラットフォームを「Marketo Engage」と連携
チャットブック、会話履歴から顧客の「見込み度」を数値化する新機能を発表
プレイド、Googleからの資金調達を発表 CX向上のため機械学習やAI技術の統合において協業
スマートニュース、シリーズEとして総額100億円を資金調達 米国事業をさらに加速
toBeマーケティング、総額約5.7億円の資金調達を実施 企業へのマーケティング支援をさらに強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング