SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東芝、「東芝データ」を設立 データを収集・加工し、実社会に還元していく事業を展開へ

 東芝は、新会社として東芝データを設立した。

 同社は、同グループが有するセキュリティ技術とノウハウを基盤に、人々の購買動向をはじめ、健康人材、行動など実社会で収集したデータをデジタル技術で分析し、活用しやすい情報や知識へ加工して実社会に還元することで、データ循環型のエコシステムの構築を目指す。

データ循環型エコシステムのイメージ
データ循環型エコシステムのイメージ

 同社はパートナー候補と協議を進めており、Gunosy、シーユーシーがパートナー企業として参画を表明している。また第三者委員会を新たに設置し、専門家によるチェックを受けることでプライバシー保護を実施する。

 事業の第一弾は、東芝テックの「スマートレシート」を核とし、流通小売業の実店舗における生活者のレシート情報を収集・分析して価値ある情報に変換する。ニーズに合ったクーポンなどを付加価値として消費者に還元するとともに、小売店に集客・売上拡大をもたらす事業モデルを展開していく。

 今後は、健康・人材・行動データなどにも事業範囲を拡大し、パートナー各社が持つサービス、知見などとのシナジーを最大化する。なおシーユーシーとは、生活者の健康支援などの仕組み構築における連携を検討していく。

【関連記事】
CX向上を阻む“部分最適”の壁 ライザップはどう乗り越えた?【MarkeZine Dayニュース】
インティメート・マージャーとベクトル、個人データ保護分野の事業を展開する新会社設立へ
ISID、SNS上のデータをリアルタイム分析する「NetBase」を花王に提供
インテージとWED、オフラインデータから生活者の実態把握を行う研究・開発において業務提携
データ統合自動化のtrocco、セールスフォースのユーザー向けサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/03 15:20 https://markezine.jp/article/detail/32856

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング