SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、朝日新聞社と提携し業種特化型マーケソリューションの機能を強化

 博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、様々な領域のWEBメディアを保有する朝日新聞社と提携し、博報堂DYメディアパートナーズが展開する、業種特化型マーケティング・ソリューション「カテゴリーワークス」の機能を強化した。

 同ソリューションは、博報堂DYグループのマーケティング・ソリューション群「生活者DATA WORKS」の一つ。

 博報堂DYグループの「生活者DMP」と各カテゴリーを代表する専門メディアが保有するオーディエンスデータを活用し、市場把握からマーケティング戦略立案、コンテンツ/クリエイティブ制作やメディアプランニング/広告配信までを有機的に統合し、一貫して支援する業種特化型のソリューションだ。顧客創造・獲得から顧客育成まで、フルファネルでの成果を創出する。

 今回強化した機能は、テーマ特化型の「コンテンツ開発」に関わるもの。専門領域に特化したWEBメディアの制作プラットフォームや、各テーマに特化した編集機能、豊富なイベント実施機能を持つ、朝日新聞社と提携することにより、潜在顧客を効率的に開拓・育成するためのマーケティング活用に最適化した「メディア/コンテンツ開発」が可能となった。

 企業はこれを活用することで、オンラインからオフラインまでのデータ活用や体験価値の創造が可能となる。

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足
博報堂DYメディアパートナーズとGunosy、広告市場のDXに向け協業 広告枠の潜在価値を可視化へ
博報堂DYメディアパートナーズ、ブロックチェーンを活用したテレビ番組ファン育成プラットフォームを提供
博報堂DYメディアパートナーズとアドウェイズが資本業務提携 アプリプロモーション領域を強化
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、マスメディアにも対応したインフルエンサーマーケ組織を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/18 07:15 https://markezine.jp/article/detail/32909

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング