SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メルカリ、丸井と業務提携を締結 新宿マルイ本館に「メルカリステーション」出店&データ連携も

 メルカリと丸井は、マルイ店舗およびECサイト「マルイウェブチャネル」と、メルカリグループの各種ソリューションを連携し、両社の事業拡大を目指すとともに、顧客の利便性とサービス向上することを目的とした業務提携を締結した。

 メルカリは今春、初となる旗艦店「メルカリステーション」を新宿マルイ本館に出店する。同店舗には、メルカリの使い方が学べる「メルカリ教室」や、出品したい商品が撮影できる撮影ブース、売れた商品がその場で発送出来る無人投函ボックス端末などを展示。メルカリを体験しながら学ぶことができる。

 また2020年4月には、新宿マルイ本館はじめ数店舗でメルペイ決済の導入を予定している。また、マルイ全店およびマルイウェブチャネルへのメルペイ決済導入や、メルペイ決済に連動したクーポン施策なども検討している。

 両社は、マルイウェブチャネルとメルカリのデータを連携したソリューションについても検討する。たとえば顧客がメルカリアプリ内で商品検索をした際に、マルイウェブチャネルの商品を表示して商品選択肢を増やす、マルイウェブチャネルで購入した商品をメルカリの持ち物リストと連携して出品しやすくする、といった施策を視野に入れていく。

 今後はマルイ店舗におけるジャケット、コートなどの梱包・出品サポートの受付や、マルイ全店への「メルカリステーション」の拡大、データ連携によるマルイ店舗およびマルイウェブチャネルにおけるマーケティング、ESGに関するイベントの実施などについても、検討を進める。

 両社は本提携を通じ、一次流通と二次流通の連携を目指していく。

【関連記事】
フリマアプリ利用、年間約484億円の新品商品への消費喚起効果【メルカリ調査】
KNT-CT、メルカリ、メルペイの3社、不要品の販売で旅行消費を喚起するマーケプログラムを共同展開
メルカリ、無償の梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験エリアを全国50ヵ所の郵便局に拡大
無人ロッカーから商品発送 メルカリと日本郵便、「はこぽす」から商品を発送する実証実験を開始
メルカリ、一人あたり年間販売金額1位は和歌山県 取引ブランド1位はユニクロ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/11 13:05 https://markezine.jp/article/detail/32943

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング