SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ad:tech tokyo公式チャンネル「ad:chan」がスタート 週1回ライブ配信を実施

 マーケティングの国際カンファレンスを企画・実施しているComexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)は、毎週1回程度、業界で活躍するマーケターをゲストに招いてセッションなどのコンテンツをライブ配信するad:tech tokyo公式チャンネル「ad:chan(アド・チャン)」を4月14日(火)よりスタートすることを発表した。

 4月の登壇として、プリファード・ネットワークス CMOの富永 朋信氏、エステー 執行役の鹿毛康司氏、博報堂 執行役員の嶋 浩一郎氏などが決定。さらに、今回の新型コロナウイルス感染症の影響を受けた企業に対して、自社ソリューションの一定期間無償提供や事業サポートなどの支援を表明しているマーケティング・ソリューション企業の具体的な支援内容を紹介するライブ配信も予定している。

 ライブ配信後、コンテンツは原則としてアーカイブ化(一部不対応)するとともに、ad:tech tokyo公式サイトにライブ配信の記事も随時アップしていく。なお、ライブ配信の視聴は無料となっている。

【関連記事】
約4割が2020年の広告予算を増加予定/CX、DX推進などに注力【コムエクスポジアム・ジャパン調査】
「アドテック東京2019」総来場者人数は1万5,000人弱 次世代を担うマーケター交流の場に
新型コロナウイルスへの職場での対応、推奨含め「イベントや集会の中止」が最多【LINEリサーチ調査】
Faber Company、デジタルマーケティングのeラーニング教材を無償開放/新型コロナ対応支援
新型コロナの影響で動画ニーズ伸長/漫画やCG・実写などの手段に注目集まる【クラウドワークス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/33138

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング