SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天とShopify、サービス連携 Shopify利用店舗は楽天市場への出店が可能に

 楽天とShopifyは、ECプラットフォーム「Shopify」の管理画面を経由して、「楽天市場」での店舗運営を可能にするサービスの提供を開始した。対象は米国と日本の事業者。

 同サービスは、Shopifyのアプリストアにおいて、楽天市場での店舗運営にともなう商品登録・在庫管理・受注管理を可能とする「楽天販売チャネルアプリ」 をインストールすることで利用できる(※)

サービスのイメージ

サービスのイメージ

 これにより、米国の事業者は日本でのビジネス展開が容易になる。楽天市場のユーザーにとっては、米国事業者の楽天市場への出店が増えることで、世界の主要ブランドや日本での入手が困難な海外商品などの購入機会が増える見込み。

(※)Shopify利用店舗であれば、誰でも専用アプリストアから「楽天販売チャネルアプリ」をインストールすることが可能だが、実際の利用には楽天市場への出店審査が必要。

【関連記事】
楽天、広告配信プラットフォーム「RMP-AdRoll」を楽天市場などと連携 動画でのリタゲ広告も開始
西友、「楽天市場」に出店 酒・飲料・コメ・紙おむつなどを全国に無料配送でまとめ買い客に照準
トランスコスモス技術研究所、note上でECサイトの商品を表示できるShopifyアプリを開発
トランスコスモス技術研究所とアパレルウェブ、「Shopify」を利用したEC事業の包括支援を開始
トランスコスモス技術研究所、ShopifyとLINEの連携を可能にするアプリ「Kisuke」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/08 09:30 https://markezine.jp/article/detail/33156

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング