SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新型コロナ影響で、グループコミュニケーションが増加/LINEの利用動向に関するレポート

 LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」の利用動向に関するレポートを公開した。

新型コロナウイルスの影響で、グループコミュニケーションが活発化

 3月以降の臨時休校やリモートワーク、外出自粛などの影響を受け、LINEでのグループコミュニケーションが活発に。グループコミュニケーションでやりとりされるメッセージの総数(テキスト、スタンプ、画像の送信数合計)は前月比で29%増加、グループ通話の利用回数は全世代での利用が前月比で62%増加した。

スタンプやビデオ通話の利用が最も多かったのは10代

 3月のスタンプ送信数は全体で前月比21%、10代では65%増加。ビデオ通話送信数は全体で34%、10代では80%増加した。

LINE NEWSのシェア数が増加

 新型コロナウイルス感染症に関する情報を掲載しているLINE NEWSでは、2月末以降、ニュース記事をLINEのトークにシェアする動きが全世代で増加。休校要請があった2月27日においては、前日比1.5倍のシェアがあった。また、3月の月間アクティブユーザー数は7,100万人超えに。

検索機能「LINE Search」の利用は10代が最多 新型コロナへの意識高まる

 東京都の外出自粛要請があった3月25日は、「新型肺炎」「コロナ」を含むキーワードの検索数が急増。10代においては前日比5倍、20代においては前日比4倍、30代以上で前日比2倍以上の検索数だった。以降も引き続き、同様のキーワードで検索が増加中。政府からの外出自粛要請以降、新型コロナウイルス感染症に対する意識が急激に加速したことが伺える。

【関連記事】
従量課金形式でLINEスタンプを企業プロモーションに活用できる「CPDスタンプ」が提供開始
LINE公式アカウント、約4割が「未読通知が溜まりすぎるとブロック」と回答【ジャストシステム調査】
顧客とのLINEトークをAIで分析、営業提案を自動化 オープンハウスら4社が共同で実証実験を開始
LINE、Google アシスタントに対応 スマホに話しかけてメッセージ送信が可能に
ギブリーとLINE、SMB領域における戦略的パートナーシップ契約を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/09 09:00 https://markezine.jp/article/detail/33165

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング