MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ハースト婦人画報社、ソーシャルポストを活用する新広告フォーマット「Share Post AD」を提供

2020/04/17 12:15

 ハースト婦人画報社は、同社が運営する各ソーシャルメディアにポストしたアドクリエイティブを、そのまま同社のデジタルメディア上にも配信することができる新デジタル広告フォーマット「Share Post AD (シェア ポスト アド)」の提供を開始した。

 同広告フォーマットは、タイアップ企画等で制作したSNS向けのクリエイティブを活用し、ビジュアルとメッセージをそのままメディア上でも配信することができるというもの。クライアント側のSNSでポストしたクリエイティブにも対応可能だ。

 メディア上で配信する際には、約75万件のハーストIDや月間約1,700万UUのWebトラッキングデータなど、同社が保有する1stパーティデータを活用することができる。これにより、ファッションやグルメをはじめとした興味関心事項などの詳細なターゲティングを行うことができ、広告主は設定したペルソナにより近いユーザーに、ダイレクトにアプローチすることができる。

 また同社は今回、クリエイティブの表示を時間や曜日による切り替えの設定が可能なディスプレイメニュー「Dynamic Messaging(ダイナミックメッセージング)」も合わせてリリースした。

【関連記事】
ハースト婦人画報社、同社ファーストパーティーデータを活用しブランドマーケを支援する新組織を設立
西日本新聞メディアラボ、音声広告の配信を支援する「MiMiAD」を提供開始
ネット広告費初の2兆円超 テレビメディア広告費を上回る【電通 2019年 日本の広告費】
ネット広告業界2020年のトレンドはOTT、メディア品質向上/プライバシー規制の影響は【IAS調査】
SNSでの発信力が最も強いメディアはC Channel/トップ5は動画系【Green romp調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5