SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コロナ禍で学習系アプリのテレビCM出稿数が伸長 ゼータ・ブリッジがランキングを公開

 SMNの子会社であるゼータ・ブリッジは、動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムで取得した放送履歴情報から、2020年4月度のテレビCM放送回数に関する調査を発表した。

飲料系CMに次いで多かったのは?

 次の図は、2020年4月1日から4月30日までに当社が対象エリアとしている東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・BSデジタルで流れたテレビCMを、企業ごとに集計したもの。

 清涼飲料水や酒類の新商品CMが多く投下され、飲料系メーカーが上位に多くランクインしているが、コロナの影響はテレビCMの放送状況においても見ることができる。緊急事態宣言が4月7日に発令されて以降、大幅に放送回数が増加しているACジャパンが4位(札幌エリアでは単独1位)となっている。

 ACジャパンは4月の後半から、「コロナ対策臨時キャンペーン」と称し、「あなたのコロナ対策が、みんなを救う。」のスローガンの下、8篇の新作CMを出稿した。

在宅時間を充実させるCMが増加

 続いて商品ごとのランキングに目を向けると、1位と11位にリクルートの学習系アプリ、12位にAmazonプライムビデオなど、外出自粛の中で在宅時間を有効に過ごせるアイテムに関するCMの出稿数が増加傾向に。

 また、各自治体からの「ステイホーム」の呼びかけ、各放送局の「おうち時間」の過ごし方についての意見広告が多く放送された結果、通常の企業CMの放送回数は昨年の同時期と比較して約9割程度となった。

【調査概要】
調査主体:ゼータ・ブリッジ
調査対象:東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、BSデジタルで流れたテレビCM
調査方法:テレビCM自動認識システムで取得した放送履歴情報
調査期間:2020年4月1日~30日

【関連記事】
ラクスル、運用型のテレビCMを可能にするプラットフォーム「ノバセル」を提供 企画から分析まで一気通貫
2019年のテレビCM出稿量は前年と大差なし/関東地区では初出稿の企業が増加【ビデオリサーチ調査】
HubSpot、2年ぶりの新製品群「CMS Hub」をリリース 柔軟なコンテンツ作成・編集を可能に
ラクスル、テレビCMの制作・放映・効果分析をリモート環境で実施できるプランを提供開始
Webアプリのセキュリティ強化を支援 コネクティがクラウド型CMSにおいてWAFオプションを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング