SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リアライズ、短期間でデータ統合やデータ整備を実施する「顧客データマネジメントBasic」を提供開始

 リアライズは、企業がデータ活用を行う際のデータマネジメントに関する取り組みの中から、顧客データに関するメニューを厳選した「顧客データマネジメントBasic」を、新たなサービスとして提供開始する。

 同サービスでは、顧客企業のデータ活用目的や業務を踏まえた上で、「データ統合」や「データ整備」、「データ運用設計」などを企業ごとに設計。顧客データの活用にあたり最低限必要となる基本的な取り組み内容にフォーカスすることで、短期間で顧客データを活用可能な品質に引き上げることを可能にする。これにより企業は、データの準備に時間をかけず分析や企業活動を行うことができる。

 また初期構築後の定期サポートメニューも用意し、データ運用上の新たな課題や、システム更改によるデータ運用の見直しといった相談対応も実施する。

サービスの全体像

 今後同社は、Sansanの事業戦略「Sansan Plus」における、同社とのアライアンス「Sansan Plus Integration」のメニューでも同サービスを提供する予定。その際にはデータ統合ソリューション「Sansan Data Hub」の導入コンサルティングを行う。

【関連記事】
ユナイテッド、ブリューアス・フラーと業務提携 アプリ開発・データ分析・運用改善のDX支援を強化
AdobeとServiceNowがデータ連携開始 マーケティングとカスタマーサービスの連携を支援
ヤフー、顧客データの保護を担う「データ・プロテクション・オフィサー」を新設
データ統合自動化サービス「trocco」とCEプラットフォーム「Repro」、プロダクト連携を開始
ヤフー・データソリューション、顧客企業への提案等にビッグデータを活用できる新プランを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング