MarkeZine(マーケジン)

記事種別

東急百貨店、AIを活用したSAシステム「SELF LINK」を実証導入 Webセールスを自動化

2020/06/11 15:00

 東急百貨店は、同社が運営するオンラインショップにおいて、SELFの開発したセールスオートメーション(SA)システムの「SELF LINK」を実証導入した。

東急百貨店ネットショッピングのサイトUI
東急百貨店ネットショッピングのサイトUI

 同システムは、ユーザーとの会話により「ユーザーをより深く理解する技術」に「商品要素を理解し解析する技術」を組み合わせることで、実店舗での接客のような会話や提案を、オンラインショップ上で可能とするものだ。

 具体的には、ユーザーとの個別会話とサイト内の回遊情報などから、顧客一人ひとり異なるニーズとタイミングに対して最適化した提案を行う。今回の実証導入では、東急百貨店で長年培われてきた店舗接客ノウハウとSELFのコミュニケーションAI技術を融合し、オンラインショップ上での買い物体験をアップデートした。実証導入の期間は2020年6月8日(月)から2020年6月16日(火)までとなる。

実店舗での接客とSELF LINKでの接客比較
実店舗での接客とSELF LINKでの接客比較

 またSELF LINKでは、導入企業が追加開発を行うことがないため、短期間で導入可能。導入企業側でGoogle Analyticsのようなタグをサイトに埋め込むことで、顧客のニーズ調査から商品の提案まで一連の接客を実現できる。

【関連記事】
ワンスター、EC購入フォームを企業ごとに最適化する「Form Tailor」をローンチ
ECの利用・購入におけるユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービス開始
ECマーケティング、中小企業向けにクラウド型の「WebマーケティングDX支援サービス」を開始
Emotion Techとプレイド、CX向上を軸とした戦略的パートナーシップを締結
セールスフォース、最短2週間でECサイト構築が可能な「Eコマース特別ライセンスパッケージ」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5