SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KARTE、対話エンジン「BEDORE Conversation」と連携 細かい自動応答を可能に

 プレイドは、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、BEDOREが提供する対話エンジン「BEDORE(ベドア) Conversation」と連携を開始した。

 BEDORE Conversationは、深層学習技術を用い、日本語の言語解析に特化したチャットエンジン。LINEをはじめとする企業のカスタマーサポートや購入促進に活用されている。

 今回の連携により、KARTEでリアルタイムに取得した顧客の行動、会員情報、マイページへのログイン有無、FAQの閲覧経験など様々な情報から、BEDORE Conversationが顧客に合わせたシナリオをプッシュ型で話しかけることで、よりきめ細かい自動応答が可能になる。これにより、カスタマサポートにおける架電削減や顧客体験向上、接客/セールス対応のコンバージョン向上などが見込める。

 初回の取り組みとして、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する「So-net」の会員サポートページに、同連携ソリューションを導入。問い合わせページを閲覧している架電する可能性が高い顧客を検知し、チャットやFAQへ誘導する取り組みが開始されている。今後は、サポートページに来訪する顧客のより詳細な情報を紐付け、顧客の文脈に合った自動応答を行うなど、より利便性の高い機能の導入も予定している。

タップで拡大
タップで拡大

【関連記事】
スマートフォンアプリのユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービスを共同提供
ECの利用・購入におけるユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービス開始
Emotion Techとプレイド、CX向上を軸とした戦略的パートナーシップを締結
「trocco」を提供するprimeNumberとプレイド、プロダクト連携を開始
プレイド、KARTE for Appに「ビジュアルトラッキング」「リテンションレポート」機能等を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/26 13:30 https://markezine.jp/article/detail/33714

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング