SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、Facebookショップに対応した「ソーシャルコマースワンストップサービス」を提供

 アイレップは、Facebookショップに対応し、企画・集客・SNSオーガニックアカウント運用・ECサイト構築を統合的にサポートする「ソーシャルコマースワンストップサービス」の提供を開始した。

 Facebookが6月16日に日本での展開を発表したFacebookショップは、FacebookページやInstagramのプロフィール、ストーリーズや広告からプラットフォーム上に開設されたオンラインショップにアクセスし、興味のある商品を保存したり、商品を注文したりすることが可能。

 近年、SNSとECが融合するソーシャルコマースの市場はさらなる伸長が予想されていることから、EC事業を推進する企業は、様々なサービスを連携させながら複雑化する集客経路に合わせたマーケティング施策を行うことが求められている。その一方で、業務を推進するためのリソースの確保や業務プロセスごとで分断された社内外のコミュニケーションが負担となり、課題を抱えるケースも見受けられる。

 同サービスはこのような背景を踏まえ、ECサイトの構築から集客、フルフィルメント、分析・改善までを一元的にサポートする体制を構築。

 具体的には、Instagramにおけるライブ配信の企画・キャスティング・撮影・認知広告から、新しく取り込んだユーザーを長期的に育成し、ファン化を推し進めながら後押しで購入促進させるダイナミック広告の運用、さらにFacebookショップとサービス連携を行っているShopifyを活用したECシステム導入・コンサルティングまでワンストップで提供する。

【関連記事】
「Facebookショップ」、国内での提供開始 中小ビジネスのオンライン事業をサポート
ヤプリ、EC事業者向けソリューション「Yappli for EC」を提供開始
ワンスター、EC購入フォームを企業ごとに最適化する「Form Tailor」をローンチ
ECの利用・購入におけるユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービス開始
トレンダーズ、インフルエンサーネットワークを活用したECサイト事業者向けSNS広告プランの提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/01 11:30 https://markezine.jp/article/detail/33738

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング