SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若年層の流行ランキング、トップは「どうぶつの森シリーズ」/下期の予測は?【LINEリサーチ調査】

 LINEは、同社が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、2020年上期における若年層の流行に関する調査を実施し、その結果を発表した。

「どうぶつの森シリーズ」や「オンライン飲み会」がランクイン

 「どうぶつの森シリーズ」が3月調査時の14位から大幅にランクアップし、6月調査では総合ランキング1位に。3月調査時に2位だった「鬼滅の刃」は今回2位にランクイン。6月調査では「オンライン飲み会」「Zoom」10位以内にランクインした。バトルロイヤル型ゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」も新たに8位にランクインしている。

19〜24歳で男女ともに「オンライン飲み会」がランクイン

 男女別の総合ランキングでは、15〜18歳では「鬼滅の刃」が男女ともに1位、女性の7位には総合ランキング11位だった「YOASOBI(ヨアソビ)」がランクインした。男性は15〜24歳すべてで、総合ランキングでも急上昇した「Apex Legends」がランクイン、女性15〜22歳では新エリアオープンで話題となった「ディズニーリゾート」が上位となった。19〜24歳では男女ともに「オンライン飲み会」がランクインした。

2020年の流行予測には「5G」「東京ディズニーランドの新エリア」

 2020年に人気が出ると思うものについて、『YouTuber・お笑い芸人』では、男性は「鈴木ゆゆうた」、女性では「フワちゃん」が1位に。

 『アニメ・マンガ』では「鬼滅の刃」が引き続き健在のほか、男性では2位に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」がランクイン。『食べ物・スイーツ』では、「ダルゴナコーヒー」が女性の1位となった。『新サービス・新技術・新商品』では、男性では「PlayStation5」が1位に。また、「東京ディズニーランドの新エリア」「5G」は男女ともにランクインした。

 『俳優・女優・モデル』では、NHK連続テレビ小説「スカーレット」や「アシガール」などに出演している俳優「伊藤健太郎」が女性の1位に。男性の1位には、2019年「天気の子」のヒロインを演じ、NHK連続テレビ小説「エール」でヒロインの妹役を演じる「森七菜」が選ばれた。

【調査概要】
・2020年3月度調査
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォン調査
調査対象:日本全国 15~24歳の男女
実施時期:2020年3月5日~9日
有効回収数:4728サンプル
回収比率:[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が2:2:1:2:2:1

・2020年6月度調査
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォン調査
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
実施時期:2020年6月1日~6月3日
有効回収数:4728サンプル
回収比率:[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が2:2:1:2:2:1

・「流行ランキング」について
「最近流行っているコト・モノ・ヒト」について自由記述形式で聴取。回答をコーディングしてランキング化。
※特になし/不明に該当する回答のみの対象は、分析対象から除外。

・「2020年下半期流行予測」について
直近2020年3月の「最近流行っているコト・モノ・ヒト」についての自由記述から選択肢を作成。選択肢形式で聴取。

【関連記事】
「利用者数」1位はアマゾン、「利用回数」1位は楽天市場 ニールセン デジタルが、EC利用状況を調査
ユーザーアテンションを最適化したクリエイティブは広告認知度を25%高める傾向に【Teads調査】
フリマアプリでの売却比率が10%上がれば、アプリ利用者が新品に支払える上限金額も上昇【メルカリ調査】
ブランド価値、アマゾンが昨年に続き首位/日本企業ではNTTがランクアップ 【カンター・ジャパン調査】
最優先課題は「リアルタイムの顧客エンゲージメント」 セールスフォースが世界のマーケティング動向を調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング