SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤーマン、オンラインカウンセリングやライブコマース、ライブ配信環境の強化へ

 美容・健康機器メーカーのヤーマンは、SNSやオンラインカウンセリング、ライブコマースなどのオンライン施策を通じて、非来店型のコミュニケーションを図る環境作りをスタートした。

 具体的には、まず顧客と美容部員をつなぐ新しい取り組みとして「オンラインカウンセリングサービス」を7月上旬より開始。対面でのみだった美容カウンセリングサービスをオンラインでも体験可能とし、来店が難しかった遠方にいる顧客との新たな接点拡大の機会を狙う。

 また、同社は中国本土での販売に好影響を及ぼしているライブ配信型Eコマース「ライブコマース」の取り組みも強化。中国における販売代理店スタッフによる配信のみならず、有名人や美容KOL(Key Opinion Leader)を起用してライブコマースを実施。2020年6月には中国における当社のアンバサダーを務める俞飛鸿(ユー・フェイホン)や、劉濤(リウ・タオ)、寧静(ニン・チン)の3名の有名女優を起用し、売上が伸長。

左画像の左側の女性:劉濤氏
左画像の右側の女性:俞飛鸿氏
右画像:中国の販売代理店スタッフによる配信

 さらに同社は、7月15日にライブ配信の環境を整えた「ライブスタジオ」を本社屋内に新設。ここでは、配信用の背面スクリーンやライブ用照明を備え、いつでも配信ができる環境になっている。日本国内のみならず、シンガポール、ロシアなど海外へも、社員がライブスタジオから直接配信が可能となった。

【関連記事】
10月20日は頭髪の日!? ヤーマン、Web上で「育毛休暇キャンペーン」スタート
博報堂と博報堂プロダクツ、顧客接点コミュニケーションを 非接触・非対面化する「GOGO DX」を提供
電通、スポーツ&エンターテインメント領域のDX共創プロジェクト開始 第一弾は札幌ドームでリモート観戦
LINE、AWS活用で企業のDXを支援する「LINE DX Program with AWS」提供
AnyMind、自治体・観光団体向けにインバウンド領域のDX支援サービス「Inbound X」提供 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング