SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

不確実な時代を乗り越える「マーケティング戦略の大転換」― 突破口はゼロパーティデータとロイヤル顧客(PR)

ガンバ大阪が“スタジアム以外”で見出す勝機 場所の制約が強かったビジネスこそデジタルで大きく進化する

ファン理解のためにどんなデータを収集すべきか?

 竹井氏の言葉に対して加藤氏は、顧客自らが教えてくれる嗜好データ、つまりゼロパーティデータの理解がサッカーのビジネスにおいても重要になってくるのではとコメントした。

 「顧客の深い理解が、オンラインとオフラインのカスタマージャーニーを拡大することができる源泉になります」(加藤氏)

 さらにイングランドのプロサッカークラブ、アーセナルの事例を紹介し、ファン自らが情報を提供してくれる状況をどのように整えていくかアイデアを提供した。

加藤氏が注目するアーセナルの事例。動画本編では詳しく説明している
加藤氏が注目するアーセナルの事例。動画本編では詳しく説明している

マーケティング資源を再解釈する

 3つ目のテーマとして語られた、「マーケティング資源の再解釈」。サッカークラブにおいてスタジアムへの来場が目標かつ、試合こそが最も重要な資源であったが、その資源自体の解釈を広げることで、デジタルマーケティングの可能性を伸ばしていこうとする動きが出ている。

 その一例として、加藤氏から、イングランドのプロサッカークラブであるウエストハム・ユナイテッドの事例が紹介された。彼らは、クラブで活躍を見せた歴代の選手をマーケティング資源として再解釈し、ファン・エンゲージメントの取り組みを、立ち上げている。具体的には、その時代別の選手を各ポジションに当てはめて、その時代ごとのベストチームを選出する仕組みをファンに提供したのだ。

 「このように、資源を解釈しなおすと、往年のファンも対象にでき、アプローチの可能性が広がると思います」(加藤氏)

 対して竹井氏は、これまで持っていながらも活用できていなかった資源を使いながら、ガンバ大阪を好きになってもらえるようなサービスを展開していきたいと話す。

 「たとえば、Jリーグ初年度から活動してきた歴史や、個性的なキャラクターを持った監督や選手、そして選手のプレイだけでなく、提供しているファンサービスの裏側にあるストーリーや私たちの想いなどのバックヤードストーリーといった資源を活かし、YouTubeのコンテンツとして配信したりして、好きになってもらうきっかけをつくっていけないかと考えています」(竹井氏)

 実際に、今年から『CAZI散歩』という番組をYouTubeチャンネルで開始。ガンバ大阪のOBで元日本代表の加地亮氏をMCに、OBの選手をはじめとしたさまざまなゲストを招き、当時の思い出話や現在どんな活動をしているか語ってもらったり、ファンクラブの成り立ちや商品開発の裏側など、よりガンバ大阪のことを知ってもらうためのコンテンツを用意している。

ゼロパーティデータをカスタマージャーニーの拡大にどう活用する? 動画本編で事例とともに解説しています。

次のページ
新たな成長曲線を描く戦略の大転換

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
不確実な時代を乗り越える「マーケティング戦略の大転換」― 突破口はゼロパーティデータとロイヤル顧客連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング