SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェザーニューズ、荒天時の商品特需を予測するサービス開始  スーパーマーケット「いなげや」に導入へ

 ウェザーニューズは今夏の台風シーズンに備えて、小売・製造事業者向けに荒天時における商品の急激な需要変化を予測する在庫最適化エンジン「PASCAL(パスカル)」を開発。「PASCAL」を搭載した「商品発注支援サービス」の提供を開始する。

「PASCAL」によるソリューション提供のイメージ
「PASCAL」によるソリューション提供のイメージ

 「PASCAL」は、一般的な商品の需要予測に加えて、台風や大雪などの荒天によって、消費者の需要が突発的に高まるタイミングや商品の売れる量、来客数の増減などを店舗ごとに予測するもの。

 「商品発注支援サービス」は台風接近の数日前から売れ筋商品、売れるタイミングや量を予測し、食品の廃棄ロスや発注のチャンスロスを軽減することを目指す。8月21日には、スーパーマーケット・いなげやで試験導入が開始される。

「PASCAL」を搭載した商品発注支援サービス画面イメージ(タップで拡大)
「PASCAL」を搭載した商品発注支援サービス画面イメージ(タップで拡大)

 今後、同社はプロモーションや荒天時の計画配送、計画生産など製造・小売業向けのシステムに「PASCAL」を搭載し、様々なサービスに展開していくほか、自動発注システムとの連携も計画している。小売・製造事業者が有するビジネスデータや既存システムと気象データ連携させることで、収益の最大化、廃棄ロスの最小化、気候変動リスクへの適応を図る。

【関連記事】
ラクスルとウェザーニューズが協業を開始 全国エリアを対象に「天気連動型テレビCM」の放映が可能に
ウェザーニューズ、1kmメッシュの高解像度な「体感予報API」を提供 商品への需要や興味関心を予測
ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に
気象情報をAiriが教えてくれる!ウェザーニューズ、GoogleアシスタントにAI音声アプリを提供
ウェザーニューズとTwitter、プロジェクト「#減災リポート」を開始 減災に向けビッグデータを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/03 14:20 https://markezine.jp/article/detail/33965

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング