SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CAC、製薬企業向けデジタルプロモーションツール「Promotion Mail」を提供開始

 シーエーシーは、製薬企業向け統合営業支援ソリューションの新システムとして、製薬企業の監督部門で承認されたコンテンツを医療従事者が求めるタイミングで提供できる「Promotion Mail」を開発。2020年9月1日から提供開始する。

 同サービスは、MRが予約配信機能を使って医療従事者の閲覧が想定される時間に情報を届けられるようシステムを構築。また、コンテンツ閲覧履歴から医療従事者が求める情報の傾向を把握して提供できる仕組みとなっている。管理部門では、同部門が承認したコンテンツが、どのMRが誰にプロモーションメールを送信したのか、その開封タイミングとコンテンツ閲覧状況を取得。これにより、医療従事者にとってのベストタイムに求める情報を把握することができる。

 これにより、医療従事者にとってのベストタイムに求める情報を把握することができる。また、監督部門で承認されたコンテンツのみが医療従事者に提供されるため、コンプライアンスの強化にも有効だ。

 これまでも製薬企業によるリモート型の情報提供は行われていたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大を機にその流れが一気に加速している。医療機関へのMRの訪問規制・自粛が長期化したため、デジタルコミュニケーションを活用した情報提供体制の整備が各社とも急務である。こうしたことを背景に、製薬企業のデジタルプロモーションのニーズに応える「Promotion Mail」は、新システムとして開発された。

 「Promotion Mail」は、同社の製薬企業向けSFA/CRM「MR-Navi」と連携し、MR-Navi上の他の情報と統合して管理することができる。これにより医療従事者の活動を時系列で確認でき、MRはより提案しやすくなる。

【関連記事】
凸版印刷とCAC、東京都議会議員選挙に向け感情AIコンテンツを開発
製薬・医療業界のマーケティングを支援 「Shaperon」にマーケティングオートメーション機能が追加
新日本製薬、霧島酒造などが登壇!「LINE Biz-Day in Fukuoka」が11/6に開催
ロート製薬、商品名を伏せたクイズ型ツイッターキャンペーンとOOH広告を実施
アリババの「618商戦」、越境EC部門では花王キュレル、小林製薬、任天堂が売上増加率上位に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/07 07:30 https://markezine.jp/article/detail/34002

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング