SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IAS、広告面の文脈や感情を分析しターゲティングする「Context Control」をリリース

 アドベリフィケーションツールを提供するIntegral Ad Science(インテグラル・アド・サイエンス、以下、IAS)は、自然言語解析と機械学習によるブランドセーフティ&適合性ソリューション「Context Control(コンテキストコントロール)」をリリースした。

Context Controlの解析デモ
左からページの「カテゴリー」「情緒と感情」「関連用語や会社・人名・地名」を解析

 同ソリューションは、Webページなどのオンラインコンテンツの文脈や感情、情緒を分析。ブランドイメージにそぐわないコンテンツを避け、適合性の高いコンテンツにのみ広告配信が行えるブランド適合性ターゲティング機能をもつソリューションだ。IASの特許取得済み技術により、確度の高いターゲティングをしながら、ブランド毀損リスクを抑えることが可能となる。

 デジタル広告では、複雑な広告枠の入札・配信経路によって取引がブラックボックス化されている。広告主は「自社のデジタル広告がどこで表示されるのか」事前に確認できないケースが大半だ。そのため、事故や事件、不祥事といったネガティブなコンテンツにも広告が配信され、ブランド価値を損なうリスクがある。

 そこで同社は、2019年11月に自然言語処理(NLP)を用いたコンテクスチュアル(文脈)広告ソリューションなどを提供するADmantXを買収。コンテキスト解析とターゲティング機能に大規模な投資を行い、同サービスのリリースに至った。

【関連記事】
デジタル広告の全コスト・アドフラウド等による損失を見える化 IASがサービスを提供開始
IASとChannel Factoryが業務提携し、YouTube広告のブランドセーフティ対策を支援
IAS、ヤフーのディスプレイ広告のアプリ内広告においてアドベリフィケーション指標の計測を開始
IAS、YouTube計測プログラムのパートナーに認定
VOYAGE GROUPの「PORTO」、IASのソリューションを導入 広告配信の健全化を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング