MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シンカー、AIがカスタマージャーニーを自動で分析・可視化する「CASTORY」を提供開始

2020/09/23 12:00

 シンカーは、企業が持っているオンラインデータやオフラインデータを統合し、AIがカスタマージャーニー分析を自動で行うことで、ユーザー行動上の問題点と改善インパクトを可視化するソリューション「CASTORY(キャストリー)」の提供を開始した。

 シンカーは、CDP/DMP/BIなどのデータ分析環境の構築から広告/MAなどの各種施策との連携・運用まで、幅広くデータマーケティングを支援している企業。

 今回開始したソリューションでは、オンラインデータだけではなくオフラインデータもすべてまとめて自動で分析し、顧客の一連の行動をカスタマージャーニーとして俯瞰して捉えることができるようになる。利用する企業はその分析結果に基づき、カスタマージャーニー上の重要な接点と行動を特定することで、顧客への最適なコミュニケーションをとることが可能になる。

 同ソリューションに活用されるAI技術は、ユーザーを行動データから定量的にクラスターに分類し、各クラスターにおける代表的な行動の流れをカスタマージャーニーとして可視化するためにシンカーが開発したもの。これにより、従来では属人的に行われ、多くの工数や事業理解・顧客理解の力が必要だった分析・可視化を自動で行うことが可能にする。

 今後同社では、CASTORYを活用したコンサルティングサービスの拡充、施策管理・効果検証などの機能開発、データ連携機能の拡充、CDPベンダーとの連携を進めていく。

【関連記事】
シンカー、Webサイト改善サービス「CACICAβ版」提供 AIがアクセスログを分析し課題を可視化
トランスコスモス、カスタマージャーニー診断サービス「CX-RAY」を提供 複数チャネル横断で可視化
カスタマージャーニーごとの態度変容調査を可能に TRENDEMONの新機能β版が提供開始
AURIQ、購買履歴を時系列で可視化・顧客をグループ化する「HOSHITORI」のサービス提供を開始
AIQとWEDが業務提携、SNS分析データとレシート購買データによるユーザーインサイトの可視化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5