SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LBMA Japan、位置情報マーケティング・サービスのカオスマップを公開

 LBMA Japanは、国内の位置情報をベースに、マーケティング・サービスなどを展開する企業まとめたカオスマップを公開した。

タップで拡大
タップで拡大

 同団体は、事業者団体「LBMA(ロケーションベースドマーケティングアソシエーション)」の日本支部で、位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的に活動している。

 今回のカオスマップでは、マーケターが直接利用するサービス(図左側)、消費者とのタッチポイントになるサービス(図右側)、マーケター・消費者両者をつなぐ基盤となるサービス(図中央)に大別。計18カテゴリーに分類されている。2020年版においては、新型コロナウイルス感染拡大を受け、状況把握と対策のための位置情報分析を提供する企業が大幅に増加。モビリティやスマートシティの世界的進展を支える大手企業の新規参入も進展している。また、位置情報を活用した消費者向けサービス(スマホアプリなど)がゲーム以外にも拡大。さらに、マーケターと消費者をつなぐ基盤サービス(データプロバイダーやIoTプラットフォームなど)が、規模を持つ一部企業に集約された。

【関連記事】
アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2020」を公表
国内の位置情報関連サービスを分類 クロスロケーションズが「ロケーションテック カオスマップ」を公開
ベーシック、「BtoBマーケ カオスマップ」を公開 オン・オフを網羅した35カテゴリーに分類
アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」を公表
ネットプロテクションズが「国内スマホ決済カオスマップ」を公開 クレジットカード不要決済サービスが増加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/07 12:30 https://markezine.jp/article/detail/34505

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング