MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ジャンルごとの媒体比較を可能に ニールセンがデジタルコンテンツ視聴率のカスタマイズレポートを提供開始

2020/10/07 13:45

 ニールセン デジタルは、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings、以下DCR)において提供する、PCとモバイルを横断したトータルデジタルかつ人ベースのデジタルメディアデータを、広告主向けのメディアプランニング用途にカスタマイズした「ジャンル別デジタルメディアデータパッケージレポート」の提供を開始した。

 DCRは、すべての主要なデジタルデバイスやプラットフォームにわたって、ネットユーザーのデジタルメディア視聴を包括的に測定することで、複雑なマルチプラットフォーム、マルチデバイス、分散視聴環境に対応し、透明性を担保した第三者が計測する「人」ベースのリーチ計測で、公平な媒体評価、メディアプランニングのための標準指標を提供している。

 今回提供を開始したレポートは、広告主がキャンペーンターゲットを設定し、デジタル広告の出稿計画を作成する際に有用な、デジタル媒体のジャンル別のメディアパワーを比較可能にするもの。

 デジタル媒体への出稿時におけるターゲット戦略実行を容易にするために、細分化された媒体のジャンル別における、各デジタル媒体の月間視聴者数、リーチ%、平均フリークエンシー、GRP、性年齢別の視聴者構成比などを一覧で参照することができる。

「ジャンル別デジタルメディアパッケージレポート」の媒体ジャンル例

ポータル/ソーシャルメディア/動画配信/テレビ局/新聞社/スポーツ新聞/スポーツ/キュレーション/ビジネスニュース/ITビジネスニュース/女性/ライフスタイル/スポーツ/エンターテインメント/ゲーム/車/タウン情報/トラベル/EC(ショッピング) など

「ジャンル別デジタルメディアパッケージレポート」レポート例

・主要指標による媒体別視聴状況/性年齢別視聴者数一覧
・性年齢別視聴者構成比
・プラットフォーム別視聴者構成比(PC、モバイル、PC&モバイル)
・媒体ポジショニングマップ(視聴者数/視聴時間/フリークエンシー)

 これにより、同一ジャンル内の媒体におけるリーチ力を横並びで比較できるほか、広告のターゲットである視聴者がどの媒体にいるのかを直感的に把握することができるため、GRPの大きな媒体を選定することや、自社が広告の目的とするターゲットリーチの高い媒体を選定することが可能となる。

 また同レポートは、広告主が必要とする媒体ジャンルごとの購入が可能。データは4半期ごとに更新される。年間を通じての購入のほか、単発での購入も可能となる。

 また、パッケージレポートのオプションとして、広告主が必要とするデータの個別集計など、カスタマイズサービスも同時に開始する。

【関連記事】
デジタル広告の想起率、出稿量とフリークエンシーの増加が大きく関係【ニールセン調査】
「利用者数」1位はアマゾン、「利用回数」1位は楽天市場 ニールセン デジタルが、EC利用状況を調査
ニールセン、Monthly Totalレポートを導入 PCとモバイルを横断した媒体評価を容易に
LINEの広告メニューが「ニールセン デジタル広告視聴率」の計測に対応 リーチの可視化・比較が可能に
全国でのクロスメディア広告効果測定が可能に インテージが「i-SSP」のテレビ視聴パネルを全国化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5