SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビズライト・テクノロジー、電車内デジタルサイネージで「インプレッションベース広告媒体」の販売を開始

 ビズライト・テクノロジーは、同社が開発し、メディアオーナーとして展開する埼玉高速鉄道(東京メトロ南北線、東急目黒線直通)の電車内デジタルサイネージ媒体「ダイナミックビークルスクリーン」において、インプレッションベース課金型広告の媒体開発を進めている。

 同社が開発するインプレッションベース広告は、掲出期間保証型とインプレッション数保証型で提供するもの。インプレッションはディスプレイ横に設置された240台のカメラがリアルタイムでセンシングし、エッジAIによるアナライズ結果を集計している。

 サイネージCMSとの連携により広告素材ごとにインプレッション解析ができるため、ABテストを行い効果的なクリエイティブに反映させることも可能。また年代や性別などの属性情報と組み合わせて、詳細な解析ができる。

 9月19日から9日間掲出された、音楽エンタテインメント企業のスペースシャワーネットワークが手がけるオンライン・ライブハウス「LIVEWIRE」の広告事例では、LIVE BOARDの協力のもとにインプレッションの計測を行い、期間中の総インプレッション数は105万となった。

掲出の様子
掲出の様子
時系列のインプレッション数
時系列のインプレッション数

 同媒体では、インプレッション単位の課金モデルだけではなく、従来型のロール枠売りでの掲出においても、視聴実績データとしてレポーティングが可能。同社では、既に稼働中の電車内デジタルサイネージに、システム的にも物理的にも独立して後付けできる、エッジAIカメラ&インプレッション集計ソフトウエア「OOH メジャメントBOX(仮)」の開発も進めている。

 ビズライト・テクノロジーは、今後複数のSSPと接続して、他媒体も含めたメディアプランニングと、プログラマティックに売買できるような仕組みづくりを各社と進めることで、DOOHの新たなメディア価値の提供と開発を行っていく。

【関連記事】
Wizの子会社、経営者層やビジネスパーソンをターゲットにしたデジタルサイネージメディアを提供
マルエツなどを運営するU.S.M.Holdings、AIデジタルサイネージを活用した広告配信を開始
モビリティメディア「GROWTH」が東京メトロの13駅を中心にデジタルサイネージ配信面の連携を開始
デジタルガレージ、DOOH市場へ参入 美容サロンに特化したデジタルサイネージメディアを提供開始
no plan、バーチャルサイネージ広告サービス「hexad」において出稿企業の募集を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング