SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男性は女性よりも雑誌好き、雑誌広告を見て行ったこと第1位は「ホームページ参照」【ビデオリサーチ雑誌メディア調査】

 今回で9回目となる「MAGASCENE(雑誌メディア調査)」は、一般週刊誌、ファッション誌、専門誌をはじめとする522誌を調査対象とし、全国の12~69歳の男女8,206人のデータをもとにまとめられた。

 発表された資料によると、雑誌は全体の8割以上の人が読んでおり、特に「女性12~19才」と「男女20~29才」では9割以上と高く、続いて「男女30~39才」が多くなっている。また、1か月あたりの雑誌購入金額の平均が最も多いのは、男性の30代で約1,300円。男性は20~50代が1,000円を超えており、女性よりも高額となっている。

1か月あたりの雑誌購入金額(円)の分布
※画像はプレスリリースより転載

 また、「雑誌広告を見て行なったこと・レスポンス」について尋ねたところ、最も多いのは「インターネットのホームページ参照」。性年代別では「男性12~59才」と「女性12~49才」の各年代で最も高い傾向がある。なかでも、「男性20~40代」の約半数が「雑誌広告を見てインターネットのホームページを参照したことがある」と回答している。そのほかのアクションとしては、「商品・サービスについて、家族や友人などと話題にした」「商品やサービスを見に行った」「ハガキ・FAX・電話・インターネットなどで資料請求した」が続いている。

【関連リンク】
マスメディア中心の広告の終焉、「広告批評」が創刊30周年記念号で休刊へ
「少年サンデー」と「少年マガジン」共同でマンガ雑誌を出版、小学館と講談社が合意
「主婦の友」休刊、90年の歴史に幕
雑誌購入者の半数が「いつも決まった雑誌しか買わない」 Amazonet調査

「男女20代の9割以上が雑誌を読んでいる~ビデオリサーチが「MAGASCENE(マガシーン) 雑誌メディア調査」 結果をリリース~」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/24 11:30 https://markezine.jp/article/detail/3456

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング