SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂プロダクツ、InstagramなどのARコンテンツ開発支援サービスを開始 Reelsにも対応

 博報堂プロダクツは、社内に発足した次世代型コンテンツ開発チームを通じて、専用アプリ不要でAR体験を実現する「Spark AR」を活用したInstagram、Facebookの「ARコンテンツ開発支援サービスの提供」を開始した。

 Spark ARは、Instagram、Facebookアプリ内のカメラを使用して、顔やボディパーツ、表情などを認識できる技術を用いたARエフェクトをつけることができるARツール。博報堂プロダクツの次世代型コンテンツ開発チームでは、同社が培ってきたグラフィックデザイナーのデザイン力と、3Dクリエイターによる空間コンピューティング技術を掛け合わせることで、新しいARのクリエイティブ表現を実現する。

 今回開始するサービスでは、Instagramの「Stories」や、15秒の短尺動画制作ができる新機能「Reels」など、SNS文脈を捉えた拡散性の高いARコンテンツの開発から、データ解析によるフィルター効果測定サービスの提供まで、ARコンテンツ開発支援サービスをワンストップで提供。

 クライアント企業における、デジタルとアナログを掛け合わせた話題性のあるコンテンツを作りたい、新商品発売のタイミングに新商品購入のきっかけを作りたい、店頭以外でも試着体験を提供したいといった要望に、専門性の高いスタッフがチームを組んで対応する。

 具体的には、商品のロゴやデザインをマーカーに、商品周りに配置したARオブジェクトでブランドの世界観を拡張することや、ポスターやDMなどのグラフィック広告をマーカーに、グラフィック広告を体験型広告にすることが可能になる。

 また、顔や輪郭を認識し、ユーザーの周りに配置したARオブジェクトでブランドの世界観を伝達したり、目やクチの動きをトリガーにするカジュアルゲームを通してブランド体験を提供したりするコンテンツも制作可能となる。

【関連記事】
For you、Instagramの「リール」に対応したインフルエンサーPRメニューを提供開始
Instagram利用者の約3割が、新機能「リール」を認知/人気ジャンルは?【ジャストシステム調査】
Instagram、IGTVにショッピング機能を追加 今後リールでのテスト実装も開始予定
サイバー・バズ、Instagram新機能リール(Reels)に対応したインフルエンサーメニューを開始
Instagramコスメメディアemme、リールやインスタコマースプランを含む広告メニューを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/19 17:15 https://markezine.jp/article/detail/34629

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング