SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEギフトの新広告メニュー「サンクスギフト」が開始 ユーザー起点のギフトでブランド体験を提供

 LINEは、同社が提供する「LINE」を通じて友だちに手軽に様々なプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト」において、新たなコミュニケーション広告メニュー「サンクスギフト」の提供を開始した。

 同メニューでは、広告主が提供するスポンサードギフトを、ユーザーからユーザーへ無料で贈ることが可能。スポンサードギフトは「LINEギフト」の専用キャンペーンページに掲出され、キャンペーンページへは、2,000万人以上の友だち数(2020年10月時点)を擁する「LINEギフト」のLINE公式アカウントや、トップページバナーから遷移できる。

クリック/タップで拡大
【クリック/タップで拡大】
「サンクスギフト」サービスイメージ

 これにより、ユーザー間のコミュニケーションツールとして、ユーザーからユーザーへギフトするというモーメントにタイアップすることで、広告主はユーザー起点での商品・ブランド体験をユーザーに提供することが可能になる。

 また、サンクスギフトでは、商品認知から理解促進、商品体験、態度変容まで、一気通貫したコミュニケーション施策として利用されるために、「LINEリサーチ」によるブランドリフト調査も標準メニューとして提供する。

【関連記事】
LINE、「LINE SMB DAY」を開催 飲食店をはじめ中堅・中小企業向けのサービスを強化
ギブリー、LINEを活用してユーザーのインサイトを診断する「診断メーカー」のサービスを開始
生活者のオフライン行動データを活用したeギフト配信の提供へ スイッチスマイルとギフティが業務提携
デジマースとVOYAGE MARKETING、デジタルギフトを活用したマーケティングの共同支援へ
Instagram、料理を注文・ギフトカード機能を強化 12社と新たに連携/フェイスブック戦略説明会

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/20 11:16 https://markezine.jp/article/detail/34630

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング