SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

上半期、テレビCMの放送回数・時間は減少/Uber Eatsら大幅増の企業も【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは、2020年上半期のテレビCM放送回数と、放送時間に関する調査を発表。以下、一部内容を紹介する。

テレビCMの放送回数・時間が前年比で約10~20%減

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、すべての月でテレビCMの放送回数・時間ともに減少。特に、緊急事態宣言後の5月は、放送回数が前年比80%、放送時間は前年比86%と一番の減少となった(図1、2)。

図1 テレビCM放送回数
図1 テレビCM放送回数
図2 テレビCM放送時間
図2 テレビCM放送時間

放送回数が最も増加したカテゴリーは?「新たな生活様式」が大きく影響

 放送回数が増加したカテゴリーは、1位「映像」(前年比178%)、2位「パソコン」(前年比151.9%)、3位「テレビ」(139.9%)という結果に(図3)。

図3 放送回数増加ランキング
図3 放送回数増加ランキング

 1位「映像」は、コロナ禍における自宅での過ごし方の提案として、BD/DVD作品を紹介する内容が多かった。2位「パソコン」では、コロナ禍で出社と在宅勤務を選ぶハイブリッド型勤務が増えたビジネスパーソンに対し、持ち運びのしやすいノートパソコンを訴求する内容が見られた。一方、3位「テレビ」においては、番組宣伝を除く、WOWOW等の有料専門チャンネルや、テレビ局の地域密着型企画CMのほか、テレビ番組からのコロナ対策へのメッセージCMなどが多かった。

フードデリバリーサービスの放送回数が大きく伸長

 放送回数が増加したカテゴリーで注目すべきは、4位「その他」に含まれているフードデリバリーサービスだ。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の前年上半期の合計放送回数は491回だったが、2020年上半期は1374%増の6,747回に(図4)。一方、「出前館」の前年上半期の合計放送回数は231回、2020年上半期は3,249%増の7,608回と大幅に放送回数が増えていた(図5)。

図4 「ウーバーイーツ」放送回数
図4 「Uber Eats」放送回数
図5 「出前館」放送回数
図5 「出前館」放送回数

 放送回数増加ランキングTOP5にランクインしているカテゴリーは、2020年上半期で大きく変化した生活スタイルをサポートするものであり、テレビCMはその時代を映していると考えられる。

外出自粛要請の影響はテレビCMにも

 放送回数が減少したカテゴリーは、1位「電車・航空」(前年比23.6%)、2位「観光・アミューズメント」(前年比34.3%)、3位「カメラ・プリンタ」(前年比38.8%)、4位「映画」(前年比44.7%)、5位「イベント」(前年比47.1%)という結果に。コロナ禍で、外出自粛の影響を大きく受けた業種が並んだ(図6)。

図6 放送回数減少ランキング
図6 放送回数減少ランキング

 いずれのカテゴリーも緊急事態宣言後の4~5月は放送回数が著しく減少していたが、6月以降は徐々に放送回数を増やしている(図7)。

図7 2020年上半期の放送回数減少ランキング(1位~5位)
図7 2020年上半期の放送回数減少ランキング(1位~5位)

【調査概要】
調査主体:ゼータ・ブリッジ
調査期間:2020月4月1日~9月30日
対象:全国地上波25局、BS放送6局
調査方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

【関連記事】
9月度CM放送回数ランキングTop20/格安スマホ3社が上位に【ゼータ・ブリッジ調査】
映画館上映CM、1回の接触でTVCMや動画広告を超えるブランドリフトがあるという結果に
CM放送回数1位は「スタディサプリ ENGLISH」 新たな過ごし方を提案【ゼータ・ブリッジ調査】
サイカ、成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」を提供 シュミレーションでROI最大化
CCCマーケティング、テレビCM出稿分析ツールを全国32の放送エリアで提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/22 12:50 https://markezine.jp/article/detail/34661

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング