SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Nativex、世界30ヵ国の製作スタジオと連携する「TopWorksクリエイティブスタジオ」を発表

 Nativexは、全世界の広告主に最適化されたデジタル広告のクリエイティブ素材を提供する「TopWorksクリエイティブスタジオ(TopWorks Creative Studio)」を発表した。

 TopWorksクリエイティブスタジオは、世界30ヵ国以上に展開し、200以上のクリエイティブスタジオとつながるクリエイティブネットワーク。

 同ネットワークでは、各国にチームを配置し、これらのチームが地元の制作スタジオとつながることで、地元の俳優や女優を採用し、現地の言語で制作することが可能。フォーマットにおいては、実写動画、テレビCM、インタラクティブビデオ、3Dアニメーション、VRビデオなどに対応する。

 また、動画広告データに基づく独自のクリエイティブ評価システムを構築しており、このシステムに基づいて、パフォーマンスを発揮するクリエイティブを制作する。

 なおNativexは、モバイルマーケティングプラットフォームをはじめとしたマーケティングツールをグローバルに展開している。今回発表したのクリエイティブネットワークにおいても同社が持つメディアリソース、技術力、モバイルマーケティングの経験を活かし、クリエイティブの提供を通じた広告主の成長を支援する。

【関連記事】
Nativex、モバイル動画広告機能を統合したプラットフォームを提供 配信から分析まで一元管理を実現
GumGum、ユーザー行動との連動やクイズ形式を実現する広告クリエイティブフォーマットをリリース
クリエイターズマッチとアドウェイズが業務提携 インタラクティブなクリエイティブの制作でブランドを支援
アイレップのTEAM JAZZとGOが事業提携 統合マーケと社会視点のクリエイティブ開発を強化
CA、成功報酬型の広告クリエイティブ制作サービス「極予測AI」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/22 15:15 https://markezine.jp/article/detail/34673

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング