SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、バッジ機能の国内テストを開始 Instagramライブで収益化が可能に

 Instagramは、クリエイターや企業がInstagramライブを活用してファンとのつながりを深め、収益を得ることができるバッジ機能のテストを拡大。米国に続き、日本を含む11ヵ国でも開始した。

 利用者はライブを視聴中にバッジを購入し、お気に入りのクリエイターやビジネスを応援することができる。バッジは120円・250円・610円(米国ドルでは$0.99・$1.99・$4.99)の3種類。購入すると、コメント欄に自分のアカウント名と購入したバッジのアイコンが表示される。

 バッジ機能は2020年5月、米国の一部クリエイターを対象にテストを開始しており、現在日本を含む11ヵ国、計5万人以上のクリエイターに対象を拡大した。また、同時期に米国でテストを開始したIGTV広告(クリエイターが投稿するIGTV動画の冒頭に広告を表示)も対象を増やし、米国内のさらに多くのクリエイターがテストに参加している。

 本取り組みの一環として、クリエイターがバッジ機能で得た収益と同額をFacebookがマッチングし、上乗せして支払うプログラムも11月に開始予定だ。

【関連記事】
Instagram、IGTVにショッピング機能を追加 今後リールでのテスト実装も開始予定
Facebook、Instagramなど各アプリを横断で管理できる新サービス発表 中小ビジネスを支援
Instagram、おすすめの商品やスポットなどを紹介する「まとめ機能」3種のテストを開始
Instagram、フィード投稿にイベントをタグ付けする新機能を導入
InstagramのプロフィールURL等のクリック数で群を抜いたカテゴリーは?/テテマーチ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/26 14:00 https://markezine.jp/article/detail/34684

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング