SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シナジーマーケティングとTRUSTDOCKが協業 本人確認と継続的顧客管理のオンライン完結実現へ

 シナジーマーケティングとTRUSTDOCKは、本人確認と継続的な顧客管理をオンライン上でワンストップに提供することを目的に業務提携を行った。この提携により、シナジーマーケティングが提供するクラウド型CRMサービス「Synergy!(シナジー)」とTRUSTDOCKが提供するe-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK(トラストドック)」の連携に向けた取り組みを開始する。

 Synergy!は、情報を安全に格納できるデータベースを持ち、メールやLINEをはじめとする、コミュニケーションチャネルを兼ね備えたクラウド型サービス。一方、TRUSTDOCKは、公的個人認証とeKYCに両対応したデジタル身分証アプリと、KYC専門の業務API群を提供するクラウド型KYCサービスだ。

 今回の取り組みにより、TRUSTDOCKをSynergy!に組み込むことで、オンラインでの本人確認手法であるeKYCの機能をWebフォーム上で実装可能になる。たとえば金融機関が口座開設に活用する場合、顧客はWebフォームに必要情報の入力と身分証等のアップロードをすることで本人確認と申し込みがワンストップで完了する。

 KYCやAML(マネーロンダリング対策)などに必要な業務処理はTRUSTDOCKが実施するため、金融機関をはじめとする事業者側での本人確認業務の負担を軽減できる。郵送や来店による煩わしい手間を省き、各種法規制に準拠し不正対策を備えた本人確認の仕組みで、顧客と事業者双方の利便性向上と安全・安心を実現する。

 また、本人確認書類をはじめ登録された情報はSynergy!に格納され、事業者にて適時参照・運用することが可能に。継続的な顧客管理をより効果的に実施できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング