SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホのコンテンツ視聴におけるデータ転送量、約4割が広告によるもの【角川アスキー総合研究所調査】

 角川アスキー総合研究所は、「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」および「ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査」を実施し、その結果を発表した。

 新型コロナウイルス感染症流行による外出自粛などによって、国内のインターネットのデータ転送量は、月によっては例年より約5割増加した(米アカマイ・テクノロジーズ調べ、2020年4月)。インターネットのデータ転送量は、コンテンツのデータだけでなく広告のデータも含まれ、その広告データの通信料金もユーザーが負担している。そこで今回、Webをスマートフォンから利用する際のデータ転送量のうち、広告データがどの程度の比率を占めているのかを調査した。

スマホでコンテンツを視聴するデータ転送量の約4割が広告

 まず、iPhoneの標準ブラウザーアプリ「Safari」で15の主要なコンテンツサイトにアクセスした場合と、広告ブロックツールをインストールしてアクセスした場合のデータ転送量の測定結果を比較した。

クリック/タップで拡大
主要Webサイトのデータ転送量 クリック/タップで拡大

 結果、コンテンツサイトのジャンルによる傾向があることがわかった。まず、Yahoo! JAPANやlivedoorといったポータルサイトと、YouTubeなどの動画共有サイトでは、広告のデータ転送量がコンテンツと同等か、それ以上を占めていた。

 一方、Amazonや楽天といったショッピングサイトは、ポータルサイトに比べると広告のデータ量の占める比率が小さかった。

 同調査から、主要各コンテンツサイトの推定広告データ転送量の比率を単純平均すると、全体のデータ転送量に対する広告データの比率は44.1%であることがわかった。

 また、総務省情報通信政策研究所の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によるデータ通信料金の単価の推計などから、仮に一家4人が全員スマートフォンを利用している場合、基本料金を除く月額データ通信料金の合計額約1万2,027円のうち、約2,880円を広告に充てられている計算となる。

画像データが主体だが、データ転送量全体では動画広告の比率が高い

 次に広告も含んだコンテンツ全体データ転送量(広告ブロックなし)と、コンテンツのみと推計されるデータ転送量(広告ブロックあり)のそれぞれの内訳をコンテンツサイトごとに分析した。

 結果、多くのコンテンツサイトでは広告と推計されるデータ転送量のうち、JPEGなどの画像のデータ転送量が比率として多く、画像広告が主体となっていることがわかった。一方、YouTubeをはじめ、一部のポータルサイトでは、MP4動画による広告が表示される。Yahoo! JAPANだけでも広告と推計されるMP4動画が26.7MBとなり、広告のデータ転送量のうち、かなりの比率を動画広告が占めていると考えられる。

動画共有サイト

 今回の調査ではYouTubeのみだが、そのデータ転送量は広告ブロックのなし/ありに関わらず、ほぼすべてがMP4であった。次に比率が高いのはJavaScript、そしてJPEG画像となった。

YouTube
YouTube

SNS

 広告ブロックツールで除外できないFacebookのようなサイトは対象外としているため同調査はTwitterのみ。結果を見るとデータ転送量の大半を画像データが占めており、この傾向はFacebookやInstagramといった他のSNSでも同様と考えられる。Twitterのデータ転送量はJPEGとPNGがほぼすべてとなった。

SNS(Twitter)
SNS(Twitter)

ポータルサイト

 前述のように広告ブロックのなし/ありの差が大きく、広告のデータ転送量が多い傾向にある。その内訳はサイトごとに異なり、Yahoo! JAPANはMP4動画による動画広告が中心となるが、gooはJPEG画像による広告とそれを表示するためのJavaScriptのデータ転送量が多かった。livedoorは、広告にMP4動画もあるが、それよりもJPEGや、特にGIFによる画像の広告データの転送量が多くなっていた。

Yahoo! JAPAN
Yahoo! JAPAN

 Yahoo! JAPANは、広告ブロックなしでのアクセス時、MP4動画が26.7MBと、データ転送量の大きな比率を占めている。調査時にどういった広告が表示されるか、どんなキャンペーンなどが実施されているかなどに大きく左右されるが、他のサイトに比べると、動画広告の比率が顕著に高くなっていた。

goo
goo

 gooは、コンテンツ・広告ともに、JPEG画像が最も大きな比率を占めている。広告ブロックなしでのアクセス時のほうがJPEGの転送量が1MB強多いのと、またJavaScriptの転送量が顕著に多いことから、画像データとそれを表示するためのJavaScriptが、広告のデータ転送量の多くを占めていることがわかった。

livedoor for スマートフォン
livedoor for スマートフォン

 今回の調査で、コンテンツに対する広告の比率が最も高いのがlivedoor for スマートフォンで、全体のデータ転送量の約92%が広告と推計される。スクロールするにつれて広告が表示されたり、ページ下段に常にGIF画像のバナー広告が表示されたりといったサイトの構造が要因だ。その内訳には、MP4動画もあるが、JPEGやGIFなどの画像による広告が多かった。

ショッピングサイト

 Amazon、楽天市場とも広告ブロックのなし/ありによる差が小さく、同調査では広告と見られるデータ転送量は少なくなっている。

Amazon
Amazon

 Amazonは広告ブロックの有無によるデータ転送量の差が小さく、WikipediaとNHKを除けば、広告と推計されるデータ転送量の比率が最も小さいサイトだった。広告かコンテンツに関わらず、そのデータ転送量の大半は、JPEGによる商品画像とそれを表示するためのJavaScriptが占めている。

楽天市場
楽天市場

 楽天市場も広告ブロックの有無による転送量の差が小さく、今回の調査では広告と推計できる部分は少なくなっている。構成要素が主にJPEG画像とJavaScriptという点もAmazonと同様だが、GIFやPNGといったJPEG以外の画像のデータ転送量がAmazonに比べて多いこと、一方でHTMLが少ないことが特徴だ。

ニュース/生活情報

 日本経済新聞はJPEG画像とそれを表示するためのJavaScriptが、広告のデータ転送量として多くなっている。NHKは前述のように、今回調査では一部のデータが広告と推計されている。

日本経済新聞 電子版
日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞は広告ブロックありの場合、つまり実際のコンテンツのみの場合はJPEG画像とHTMLで構成されていた。広告ブロックなしとの差分では、JPEG画像とJavaScriptのデータ転送量の差が大きいため、JavaScriptで画像を表示する広告が多いことがわかる。

NHK
NHK

 NHKのサイトには、第三者の広告が表示されないが、広告ブロックツールで除外されるものが若干あるため、データ転送量に差が出ている。サイト上のコンテンツは、地上波と同時配信中の映像を除けば画像とテキストからなるため、データ転送量もそれらが多くなっている。

天気予報/災害情報

 日本気象協会、ウェザーニュースとも、他のジャンルと同様にJPEG画像とJavaScriptによる広告のデータ転送量が多くなっている。

日本気象協会 tenki.jp
日本気象協会 tenki.jp

 日本気象協会サイト(tenki.jp)は、広告と推計されるJPEG画像とJavaScriptのデータ量が、コンテンツのそれよりも大幅に多かった。特にJavaScriptが、広告ブロックのなし/ありの差分で約2.2MBとなっており、広告データのうちの大きな比率を占めていた。

ウェザーニュース
ウェザーニュース

 ウェザーニュースは広告ブロックありの場合、実際のコンテンツと推計されるデータ転送量でPNG画像が主体と、他のコンテンツサイトとは大きく異なる。広告ブロックなしではJavaScriptの比率が最も高くなっていて、次いでJPEG画像、PNGはその次となるため、広告データはJavaScriptとJPEG画像で構成されていることがわかった。

グルメ/レシピ

 比率としてはクックパッドのほうが、JPEG画像とJavaScript、HTMLを主体とした広告データが多くなっている。データ転送量としては、そもそも全体の転送量の多い食べログの広告データが多いという結果となった。

クックパッド
クックパッド

 クックパッドは、広告ブロックなしではHTMLおよびJavaScriptの占める比率がかなり高かった。また広告ブロックありに比べてJPEG画像が約1MB多く、GIF画像も集計されることから、本文中やページ下段に常に表示されるバナー広告などを、それらの画像データやHTML、JavaScriptで表示していることがわかる。

食べログ
食べログ

 食べログもJPEG画像が主体のサイトで、比率としてはクックパッドよりも広告のデータ転送量は少なかった。そもそも全体のデータ転送量は食べログがクックパッドの約5倍あるため、約1.8MBのJavaScript、約1.4MBのJPEG画像など、広告データの転送量は食べログのほうがクックパッドよりは多くなった。

その他

 Wikipediaは広告と推計される部分がない。価格.comはJPEG画像とJavaScriptによる広告のデータ転送量がコンテンツのデータ転送量を上回った。

Wikipedia
Wikipedia

 Wikipediaの場合、今回の広告ブロックツールで除外されるデータがなく、広告が実際にゼロと推計される(寄付を乞うバナーがよく表示されるが、今回は広告として除外されませんでした)。全体的なデータ転送量としては、JavaScriptとHTMLが中心で、そこに画像ファイルが付くかたちだ。

価格.com
価格.com

 価格.comのデータ転送量も、JPEGとJavaScriptが主体だ。全データ転送量のおよそ半分が広告と推計されるが、その広告も、ほぼJPEG画像とJavaScriptで占められていると考えられる。

「ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査」結果

 新しい「iOS 14」で、標準のWebブラウザーアプリを変更できるようになったことで、iPhoneでもAndroidと同様に、ユーザーが自分の使い方に合うWebブラウザーアプリを選べるようになった。そこで、今回調査対象とした主要コンテンツサイトのそれぞれに、主要なWebブラウザーアプリでアクセスした場合の表示速度を調査した。

 動画共有サイト以外の主要コンテンツサイトに対して「Safari」「Google Chrome」「Firefox」「Brave」「Smooz」「Firefox Focus」「Opera Touch」の、主要な7つのWebブラウザーアプリで、標準状態のままアクセスし、実測した平均表示速度の合計は以下の通り。

クリック/タップで拡大
主要サイトの各ブラウザーでの合計表示速度 クリック/タップで拡大

 合計表示速度が最も速かったのは、15のWebサイトを1分05秒69で表示した「Brave」で、次いで「Firefox Focus」「Opera Touch」となった。これらのWebブラウザーには、標準で広告ブロック機能が装備されているため、大半の広告が表示されない。データの転送・画面の描画が、広告ブロック時のデータ転送量に近いため、表示が速かった要因のひとつと考えられる。

 なお、YouTubeで、各Webブラウザーで3本の動画を再生してみた時間を合計してみると、下のグラフのようになった。一番早かったのが「Opera Touch」、次いで「Brave」と、上記コンテツサイトと同様の傾向が見て取れた。

各ブラウザーでの複数動画を再生した際の合計表示速度

各ブラウザーでの複数動画を再生した際の合計表示速度

【関連記事】
KADOKAWA、訪日外国人向けSIMカード 「J Walker SIM」を販売
女子小学生の17%がタブレットで勉強/11%が無料通話・メールアプリを利用【KADOKAWA調査】
Twitterのタイムライン上で電子書籍を立ち読み! 角川とTwitterが出版業界の新たなプラットフォームを創出
角川マガジンズ、有料メールマガジン配信サービス「ちょくマガ」スタート
角川、Twitterで小説を執筆する企画を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/10 18:00 https://markezine.jp/article/detail/34775

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング